児童生徒の携帯・スマホの所持率は津市や松阪市でも年々増加している。また先月には文科省が、小中学校への携帯の持ち込みを「原則禁止」とする方針を見直すことを発表。解禁された場合は所持率の急増が予想されることもあり、健全利用や情報リテラシー育成のため家庭でのルールづくりなどに学校・保護者などが連携し取り組むことが喫緊の課題。両市では、中学生やPTAによる取り組み事例もある。

 

 

家庭でのスマホの使用ルールづくりを呼びかける松阪市教育委員会のパンフレット

家庭でのスマホの使用ルールづくりを呼びかける松阪市教育委員会のパンフレット

3月は進学・進級を機に携帯やスマートフォン(スマホ)を使い始める子どもも多い。所持率が全国で年々増加する一方、長時間利用により学習に支障が出たり、ネット上のやりとりがいじめなどのトラブルに発展するケースが社会問題となっている。
津市で市教育委員会が平成26年に行った調査では携帯・スマホの所持率が小学生は43・6%、中学生は69・5%。また松阪市でも所持率は高く、29年度全国学力・学習状況調査では児童生徒が月曜~金曜に1日2時間以上、携帯・スマホで通話・メール・ネットをする割合が全国平均を上回り、小学生は14・6%、中学生は37・4%だった。
先月には、文科省が、小中学校への携帯やスマホの持ち込みを、学校での教育活動に直接必要ないという理由で「原則禁止」とした21年の通知を見直すことを発表。高い普及率や、災害時の連絡手段になることを踏まえたもので、来年度中にも新たな指針が作られる。
津市・松阪市の教育委員会は現在、現行の通知に沿って持ち込みを原則禁止としている。今後解禁された場合、所持率が急増し、所持の低年齢化が一層進むと共に、登下校時の利用マナーなど新たな課題も生まれることが予想されるため、健全利用や情報リテラシー育成に児童生徒や学校、家庭、行政などが連携した取り組みが欠かせない。
両市での取り組みの内容や充実度は学校や地域によって様々。市教委がパンフレットなどで啓発しているほか、津市では平成27年、市立中学校20校の代表者40名が会議し、市教委の調査結果をもとに携帯・スマホの利用に関する課題を整理。保護者の意見も聞きながら、使用時間やフィルタリングなどに関するルールを定めた津市中学生「ケータイ安全利用宣言」を決定した。
また松阪市PTA連合会北ブロック会長会では2年前、保護者からの提案をきっかけに「携帯電話・タブレット利用におけるガイドライン」を作成し周知に取り組んできた。子どもの一番近くにいる保護者が正しい使い方や危険性を伝えることが大切という思いで、保護者対象のアンケートなどで情報収集し1年間協議を重ね作られたもの。
北ブロックは三雲・嬉野地域で幼稚園6園・小学校9校・中学校2校があり、ガイドラインの内容は中学生対象だが、小学生の保護者にも中学入学に先駆けて配布している。同連合会会長の前田則生さんは、「地域、学校で取り組む体制を今からとっておかないと、何かあってからでは遅い」と話した。
このような取り組みは子どもが携帯やスマホに関するトラブルを抱えるのを防ぐのにとどまらず、将来にわたり情報社会で生きていくうえで重要な、ネット活用能力の土台づくりにも繋がる。
まず、各家庭で話し合って子どもの発達段階などに合った利用ルールをつくり、定期的に効果を検証し、実情に応じた改訂を行うことが重要。そのために子どもを導く教員や保護者ら自身もスマホやネット活用の知識、マナーを身に着けることが不可欠となる。

大川校長から各種の免許証や登録証を授与される卒業生(津都ホテルにて)

大川校長から各種の免許証や登録証を授与される卒業生(津都ホテルにて)

包丁儀式で鯉を捌く竹永陸志さん

包丁儀式で鯉を捌く竹永陸志さん

16日、津市大門の津都ホテル5階で、学校法人大川学園が運営する三重調理専門学校=津市大谷町、大川将寿校長=の第58期卒業式が行われ、調理1年コース14人、調理・製菓2年コース21人が巣立ちの日を迎えた。
大川校長は式辞の中で「みなさんは、資格取得というの一つの目標を達成した。これからプロとして成長してほしい。AI(人工知能)が注目される現代でも、調理の基本は手作り。人にしかできないことは何かを自分に問いながら目標に向かって進んで頂きたい」と卒業生たちを心から祝福。卒業証書と共に、調理師免許、製菓衛生師免許証をはじめ、ふぐ取扱者認定証、食育インストラクター認定登録証など8種を授与した。
また、成績最優秀の学生に贈られる三重県知事賞は中世古風香さん(20)が受賞。卒業生からは、感謝の気持ちの証として調理専門図書を学校へ寄贈した。
式終了後には、在学中に調理実習などで使った食材への感謝を込めて、古式に則った日本料理の技法を今に伝える庖丁儀式の奉納を執行。
古来より一度も途絶えることなく奥義を受け継いでいる四條流三重社中で、同校を2年前に卒業した竹永陸志さんらが包丁のみで鯉をさばく「三刀之鯉」と「宝之入船」を披露。金属の箸と庖丁を使って鯉に全く触れず見事に捌き切っていた。

三重の木を使い、腕の良い大工が建てる家づくりに取り組む『㈱川瀬建築』=津市安濃町前野=の代表取締役・川瀬泰弘氏と、日本の職人技とヨーロッパの考え方を融合させたパッシブ系住宅をめざす「ほっとハウス」長谷川建築=同市一志町高野=の代表・長谷川竜司氏の対談。各々の家づくりへの思いや、住宅業界を取り巻く環境に対し、地元工務店がどう関わるべきなのかを聞いた。(聞き手は本紙報道部長・麻生純矢)

 

─まずはお互いの家づくりのこだわりについてお話ください。
川瀬 やはり、集成材ではない自然乾燥にこだわった「三重の木」の認証材を使った家づくり。そして、それを支える職人へのこだわり。大手だとお抱えの電気工事業者だけでも何社もいますが、うちは電気、内装など、各仕事ごとに、選りすぐりの職人を使っています。こうすることで家づくりにムラができません。その一方、年間10棟しか、建てることができません。腕利きの職人たちが壁の中の柱や、電気の配線など見えないところまでこだわりぬいています。建築に入ってからも、施主さんにマメに現場を見に来てほしいと思っています。
長谷川 家づくりの根本的な考え方としては、同じ部分が多いですね。うち独自の部分としてはドイツ、スイス、オーストリアの考え方を中心に自然素材をふんだんに使い、断熱や換気を工夫することで、冷暖房に頼らなくても快適に過ごせるパッシブ系をめざしている最中です。建て方に関しては日本風で、ドア枠、窓枠、床材などオール無垢材を使い、建材は一切使用していません。雨どいも塩ビは使わず、壁材には漆喰、塗装には蜜蝋やリボス、後は天然乾燥の杉の赤身にこだわっており、ウッドデッキなどに三重の木も取り入れています。その他には、サイディングやクロスも使わず、産業廃棄物の少ない住宅は作り手の義務だと思っています。うちも川瀬さんと同じで年間5棟限定でやっています。職人も同じく自信を持って仕事を任せられる方だけにお願いしています。
─やはり良い家づくりには、こだわりが沢山。では、地域の住宅業界の動向はいかがですか。
長谷川 現状、ハウスメーカーが大きなシェアを握っていますが私たちの様な地元工務店の魅力をより多くのお客様に知って頂くことが大切と思っています。そのために三重県の中でも、地元工務店が5社くらいコラボをして、横のつながりを深めたい。シェアに関しては、ハウスメーカーに勝てないのですが、我々のこだわり抜いた家づくりを見てもらい、お客様に「地元の会社も頑張っているな」と思ってもらえる機会を作りたいです。三重県は保守的でハウスメーカーのシェアが高いですが、岐阜県や静岡県にはメーカーよりも地元工務店が強い地域もあります。三重県でもレベルの高い地元工務店は揃っているのでコラボして、それぞれが非常に質の高い家づくりをやっていることをお客様に知って頂きハウスメーカーと競うために協力していけたら。
川瀬 すごく共感できるし、共通の考え方を持っています。特に津市は工務店同士のライバル意識が強く、お互いのことは気になるのですが、団結できていません。しかし、我々が本当にライバル視すべきは大きなシェアを持っているハウスメーカーなのです。昔は近所の腕の良い大工さんに家を建ててとお願いをすると「2年待って」というようなやり取りが普通にありました。しかし、今は家を〝建てる〟というより〝買う〟という感覚が若い方々に広がっています。なおかつ、どこに頼んだら良いかわからないので、まずハウスメーカーの展示場に行くということが多いです。だから、地元の工務店が集まって意見の交流会をしたり、一緒にイベントをして各社それぞれの良さをお客様に知って頂ける機会をつくることが一番大事です。
─工務店がお互いの物件を見ることで、高めあうこともできますね。
長谷川 自分ひとりで頑張っていても時代の流れは速いし、それぞれの得意不得意があります。また補助金などの情報共有や良い材料や仕入れの工夫などを共有できればメリットもあります。
川瀬 そうですね。私たちのような年間5~10棟の規模の工務店が10社集まるとちょうど大手と同じくらいの棟数になります。共同で仕入れを行えば、コストを下げることもできます。ただ、今の若いお客様の中には家づくりに対する知識が不足されている方も少なくないです。だから、とりあえず価格重視のローコストでと言われることも少なくないです。
─ただひとえにローコストと言っても後で補修が必要になったりと、トータルで見た場合、そう安いとは言えないケースもあるのでは。
長谷川 私はお客様に、家は総合的に見て、一生使うものとして買ってくださいと伝えるようにしています。ローコストが悪ということはありません。ただ、家を買われたご家庭の子供さんがちょうど大学に行く年になるころに、大きな補修が必要になるような材料は最初から使わないようにしています。初期投資にある程度のものを使っておけば、結果として、負担が軽くなることが多いことも事実です。
川瀬 後は会社に営業マンと現場監督を置いていないところですね。それに必要な人件費を全て家づくりに注いでいるので、同じ値段でも質の違いは感じて頂けるはず。
─家を売ったところで商売が終わるわけではないですよね。
長谷川 家を建てて頂いたお客様を集めて、子供さんが遊んで欠けやすい壁の漆喰による補修の仕方を伝えるなど、ご自身でできる家のメンテナンスの講習会を開き、家に愛着を持って頂けるように努めています。
川瀬 うちでも、家を建てて頂いた方とは一生のお付き合いですね。こちらから定期的にご連絡をするだけでなく、仲良くなったお客様からも私生活のことで相談を受けることもあります。

 

各々の魅力伝える場     共同家づくりセミナー開催を

─ここまで色々とお話をされてきましたが、改めて、お互いについてどう思われますか。
川瀬 私と長谷川さんで一番共通するのはお互いが職人上りということ。私も大工として経験を積んできたので、全くそういう経験が無い方と比べると細かい部分まで気付いてお客様に伝えることができます。現場監督が居なくても、大工としての目線から現場の指揮をとることもできます。長谷川さんからは良い刺激も受けるし、勉強にもなっています。
長谷川 おっしゃる通り職人上がりというのは共通点ですね。リフォームなどの改修工事を経験しているかしていないかは大きな差を生むと思います。初めてお会いした時から、家づくりに対して向上心を持ち続け、ブレない川瀬さんの姿勢はリスペクトしています。
─お二人のように志を持った地元工務店が集まって一緒に頑張ることの大切さが理解できた気がします。
長谷川 上を目指すため、新しいチャレンジをしていくと、最初は失敗することが多いですが、そういう時に横のつながりがあると、お互いの経験に基づいた的確なアドバイスをし合いながら、良いものをつくっていくことができます。建築と一口に言っても奥が深すぎて自分で試せることなど、ごくわずかです。それぞれの考え方の違いはありますが、お互いの良いところをリスペクトし合うことが大切。三重県の工務店は自社の技術を隠すことが多いですが、全国の工務店と繋がることで、横のつながりの大切さを学ぶと共に県内でも、そういう環境をつくりたいと思いました。
川瀬 例えば、お客様を100人くらい招いて大手ハウスメーカーやローコストを売りにしたメーカーと、私たち地元工務店の家づくりのやり方の違いを知って頂く機会や三重の木の魅力を伝えたり、本当の意味での家づくりセミナーをやりたいです。それも5社ほど集まって、それぞれの社長の思いを聞いて頂ける場所を作れれば面白いと思います。
─消費者目線でも家づくりの選択肢が増えることは素敵ですね。ありがとうございました。

㈱川瀬建築 代表取締役 川瀬泰弘氏 『つたえたい想い』をモットーに掲げ、選りすぐりの職人たちが手掛ける「三重の木」を使ったこだわりの注文住宅をつくり続けている。

㈱川瀬建築 代表取締役 川瀬泰弘氏
『つたえたい想い』をモットーに掲げ、選りすぐりの職人たちが手掛ける「三重の木」を使ったこだわりの注文住宅をつくり続けている。

ほっとハウス 長谷川建築 代表 長谷川竜司氏 日本伝統の職人技とヨーロッパの考え方を融合。 「古くなっても価値のある家づくり」をめざし、自然素材をふんだんに取り入れた環境にも人間にも優しいパッシブ系住宅をめざす。

ほっとハウス 長谷川建築 代表 長谷川竜司氏
日本伝統の職人技とヨーロッパの考え方を融合。
「古くなっても価値のある家づくり」をめざし、自然素材をふんだんに取り入れた環境にも人間にも優しいパッシブ系住宅をめざす。

「ほっとハウス」長谷川建築の施工事例 問い合わせは☎059-253-5353

「ほっとハウス」長谷川建築の施工事例
問い合わせは☎059-253-5353

「川瀬建築」の施工事例 問い合わせは☎059-268-3394

「川瀬建築」の施工事例
問い合わせは☎059-268-3394

03月24日
日曜日

発行:株式会社三重ふるさと新聞

  • 朝日屋
  • すぎしん衣裳店
  • カリヨン三重
  • 東洋軒
  • プレーゴ
  • RIZ CAFE
  • 未来革命
  • 炉庵 風の蔵人 KAGARIBI 舞の華
  • あなたの運命を変える『見えない力』