津北・津・津南ロータリークラブは、童謡「赤い靴」の作詞などで知られる詩人・野口雨情が津市の阿漕浦で作った詩の碑を、昭和58年に阿漕浦海浜公園に共同で建立。しかし公園を管理する県への占用許可申請は行われず、近年は碑の存在を知る会員も少なかった。そして昨秋、同公園の工事を機にその存在が再認識されたが、県が誤って碑を廃棄。3クラブとの協議の結果、このほど再建された。3クラブは、トラブルが転じ、碑や詩を広く周知する契機になったと喜んでいる。

 

 

再建された碑の周りに集まり、喜ぶ3クラブのメンバーたち(今月2日撮影)

再建された碑の周りに集まり、喜ぶ3クラブのメンバーたち(今月2日撮影)

野口雨情(明治15年~昭和20年)は茨城県生まれ。大正10年、自身が作詞、松阪出身の国学者・本居宣長の子孫である本居長世が作曲した童謡で、現在も歌い継がれている「赤い靴」「十五夜お月さん」「七つの子」を発表。また全国各地を旅し、地元の詩や小唄を作った。
そのうち、津市阿漕浦の詩「阿漕が浦の舟人は ゆらりゆらりと舟を漕ぐ」は、昭和9年に作られたもの。
奉仕団体である津北・津・津南の3つのロータリークラブ(以下、RC)では同58年に雨情生誕100年を記念し、阿漕浦海浜公園の隅に、この詩の石碑を建立。
しかし、3RCでは碑に関して、同公園を管理する県への占用許可申請や、維持管理も行っておらず、近年では、その存在を知る会員も少なかった。
そんな中、昨年秋、堤防建設に伴い公園内の建設物を撤去する工事中、碑が基礎から抜かれ横に倒されているのを市民が発見し、市に電話。
これを機に3RCと県の両者が碑の存在を改めて認識し、RCの希望で保存・移設することとなったが、同事務所の所内の情報共有や工事業者への連絡が不十分だったため、碑は誤って廃棄されてしまった。
廃棄について連絡を受けたRCはショックを受けたものの同事務所と協議を重ね、新たな碑を、同公園の近く、津ヨットハーバー駐車場入り口付近に建てることが決定。 このほど再建工事が終了し、今月1日付けで占用許可を代表の津南RCが受けた。翌2日、碑の前に、再建に関わった3RCの前会長・前幹事(任期=昨年7月~今年6月)と、現在の会長・幹事が集まり祝福。以前の碑は目立たない場所にあったが、現在の場所は沢山の人の目に触れることもあり、喜んでいた。
津RCの前会長・三藤治喜さんは「野口雨情の作詞した歌は、『しゃぼん玉』など皆聞いたことがあるものばっかり。それほどの人が津にも来て詩を作ってくれたということを、今回の出来事によって初めて知る人も沢山いると思う。こうやって雨情のことを周知しなさい、と教えてもらったような出来事だった」と笑顔で語り、RCは今後は適切な維持管理で、碑や、その存在意義を守っていく。

ふるさとの川に親しみ自然の豊さ、環境の大切さを学ぼう──津西ライオンズクラブ(前田剛志会長)と岩田川物語の会(加藤広文会長)は第23回岩田川ハゼ釣り大会を9月17(日)に開く。小雨決行、荒天の場合は10月1日(日)に順延。後援=津市、協力=本紙。
表彰式は釣ったハゼなどを自分達でさばき、唐揚げパーティの中で行うのが恒例。家族、中学生~大学生、地域・職場や趣味の仲間、友人同士など様々なグループが参加する市民フィッシング。  ◆本部会場=伊勢湾海洋スポーツセンター(津ヨットハーバー)のテラス。但し10月1日に順延の時の会場は昨年本部会場にした岩田川北岸、近鉄道路ぞいの津青果市場に変更になるので、お間違えのないように。
◆参加資格=津市及び近郊在住・在勤・在学の健康な家族・グループ。1チーム3~5名。6名以上の場合は2チーム、9名以上は3チームで登録(但し小学生以上。小学生が入っている場合は必ず大人が1名以上参加していること)
◆定員=申込先着順40チーム限定
◆注意事項=①各自手作りのゼッケンを胸に付ける。横20㎝×縦15㎝。上に『岩田川ハゼ釣り大会』、その下に『チーム名』を記入
②万一、川に転落した場合に備えて長さ15m以上のロープを持参
③ハゼを料理するための小出刃を持参(まな板は主催者で用意)
④熱中症対策(帽子・水分)は各自で行う
◆釣り方法=自由(但し舟釣りは禁止)
◆釣り区域=津港南西堤防~観音橋
◆参加費=1チーム千円。但し3名を超える場合は増加1名につき三百円プラス(保険料込み)
◆賞=大釣賞(1チームのマハゼの1人平均重量)1位~3位。大物賞(マハゼ1尾長寸)1位~3位。外道賞1位~3位。ファミリー賞1位~5位。特別賞5チーム
◆当日受付=12時40分~13時15分。開会式13時20分開始
◆競技時間=開会式終了後~15時50分、検量登録締切16時5分
◆ハゼ唐揚げパーティ開始=16時
◆表彰式・閉会式=16時30分~16時50分
◆申込方法=ハガキまたはFAX、インターネット。チーム名・代表者名とメンバー全員の住所・氏名・年齢・職場名または学校名・電話番号を明記し、〒514─0824、津市神戸203の13、カワイビル3階、津西ライオンズクラブ事務局へ(FAX津226・9005)
インターネットは『津西ライオンズクラブ』HPの岩田川ハゼ釣り大会コーナーへ申し込みを
◆申込受付期間=8月10日~9月10日(必着)
◆問い合わせ=競技委員長・西田久光☎090・3933・6061

津市仏教会(大竹宣誠会長)は、今年も18日(金)19時から、津観音北隣りの仏教会館で市民参加の『精霊総供養』を行う。
津市民はみんな縁あって同じ地域に暮らす家族と同じ、という想いから市民みんなで戦没者やご先祖、初盆の人、水子、知人・友人の供養を宗派を超えて行うもので、誰でも参加できる。
津市仏教会加盟の各宗派の僧侶多数が一堂に集まり色衣五条に身を包み、厳かに読経して供養する。

08月20日
日曜日

発行:株式会社三重ふるさと新聞

  • 朝日屋
  • すぎしん衣裳店
  • カリヨン三重
  • 東洋軒
  • プレーゴ
  • RIZ CAFE
  • 未来革命
  • 炉庵 風の蔵人 KAGARIBI 舞の華
  • あなたの運命を変える『見えない力』