トップ 「総合型地域スポーツクラブ」=以下、総合型クラブ=は、多世代が、地元で、それぞれの目的・レベルに合わせて参加し、様々なスポーツを楽しめるクラブ。運営主体は住民。 文部科学省が平成7年から全国各地に設立し、津市内でも約10カ所にある。
総合型クラブには生涯スポーツの振興や、地域コミュニティの核という役割があり、それを果たすには、住民自らが決める活動の在り方が重要とされている。
そんな中、津市白山町で昨年4月に「白山文化・スポーツクラブ」がスタート。現在、「暮らしの中に文化・スポーツを」をキャッチフレーズに来年度の設立に向け準備中で、すでに13の教室が開講している。
そのうち「白山陸上クラブ」では、町内や近隣在住の小学生以下の約60人と、中学生以上~70代の約40人が活動。元実業団ランナーで、隣の美杉町にあった「美杉陸上クラブ」などでの指導経験も豊富な松本恵美子監督のもと、親子で同じ練習に励み、共に成長し絆を深めている。
白山陸上クラブが誕生したのは、松本さんが美杉陸上クラブ閉団後、元メンバーで白山町在住の子供を指導することになり、そのことを知った庄山昭子さん(現在、白山文化・スポーツクラブ事務局担当)が声をかけたのがきっかけ。
地元の市立白山中学校は少子化の影響でバスケ部などが廃部になり、陸上部は以前から無い。そのため住民は、陸上で子供達のスポーツの選択肢を広げたいと考えた。
練習は白山体育館・運動場などで基本的に毎週水曜・金曜の夕方~夜に1時間という短時間に集中して行われる。メンバーは県大会上位入賞者や美し国駅伝ランナーから陸上未経験者まで様々。 病気や登校拒否などの悩みを持ち入団した子も松本監督の情熱と気迫に満ちた指導を受け、自己ベストに挑戦している。
親が、子供と同じ目線で陸上に取り組み難しさを体感することで、子供の努力や長所に気づき、今まで上目線で接していた事を反省して子に対する姿勢が変わるケースも多い。また親達は自分の子も他の子も同じように温かく見守り、子育ての情報交換も盛んに行っている。
山本十獅朗くん(家城小2年)ら子供のメンバーは「走るのは楽しい。親と一緒だったら努力できる。松本監督の指導は厳しいけど、陸上が自分の誇りになる」、また松本監督は「保護者には、子供達は月日を重ねて輝くものがあるので待ちなさいと話しています」。
特色ある取り組みで、スポーツを通じた生活向上や地域コミュニティの充実を実践している同クラブ。今後の発展が期待される。

昨日7日から営業が始まった三重トヨペット㈱上野東インター店

昨日7日から営業が始まった三重トヨペット㈱上野東インター店

竣工式では川喜田社長をはじめ関係者が出席

竣工式では川喜田社長をはじめ関係者が出席

店舗内には坪島土平氏の陶板を展示

店舗内には坪島土平氏の陶板を展示

建築中だった三重トヨペット㈱の上野東インター店(伊賀市四十九町。川喜田久社長)が完成。昨日7日から営業が始まった。
同店は、同市平野中川原にあった旧店舗・上野城北店にかわるもので、今回、より利便性の高い西名阪道の同インター近くに新築移転した。
旧店舗は、昭和43年の営業開始以来、実に50年間に亘り同地域の営業拠点として、黎明期から現在まで日本のモータリゼーションをけん引してきた歴史ある店舗。
新店舗は旧店舗の倍の広さを持ち、展示スペースを充実させると同時に、社員の意見を最大限反映させた〝和〟のテイストをちりばめた店内には、川喜田半泥子を師とする廣永窯の坪島土平氏作の陶板も展示されるなど、半泥子をルーツとする文化色の濃い同社らしい落ち着いた雰囲気を醸し出している。
オープンに先立って4日朝、伊賀市守田町にある八幡神社・米森宮司により竣工式が執り行われ、関係者約40名が完成を祝うと共に今後の繁盛を祈った。
また、竣工式後の直会では、皆で御神酒を拝戴。工事に携わった企業に対し、川喜田社長から感謝状も贈られた。

大園歌謡 平成と共に30周年…10月28日、津市大園町の大園歌謡教室が開設30周年記念のチャリティ『我が心の歌パレード』をお城ホールで開いた(本紙など後援)。
同教室は東京でプロ歌手活動していた秋田出身の十和田実さんと津出身の津川いずみさんが出逢い、結婚。津に拠点を移し開設したもの。以来、個人を対象にカラオケ歌唱指導、プロ歌手養成に加え老人ホームの慰問や国際交流など歌を中心とした幅広い活動を展開している。
今年の『我が心の歌パレード』の冒頭、十和田さんは「30周年で終わりですかという人がいるがずっと続けます」ときっぱり。また元号が変わる来年からの新機軸としてこれまでの個人レッスンに加え、グループレッスンも考えていることを披露した。
ステージでは生徒さんたちが、この日のために半年間みっちり歌いこんできた我が心の歌を次々と披露。また、津高虎太鼓「華乃津会」や久居民謡保存会「藤洋会」、実舞流「実舞の会」、鈴鹿高専アコースティックギタークラブ、フラダンスの「クーホーヘレ」などの協力団体、プロ歌手の友情出演などで花を添えた。
途中、防災訓練を終えた前葉市長が駆けつけ、同教室のボランティア活動グループ大園会の杉本進会長から「津市の福祉に役立てて下さい」と5万円が手渡された。この後、市長は『夢芝居』をソフトな声で歌い観客から盛大な拍手を受けていた。
なお、当日の津城復元募金では3万762円の浄財が寄せられた。

11月12日
月曜日

発行:株式会社三重ふるさと新聞

  • 朝日屋
  • すぎしん衣裳店
  • カリヨン三重
  • 東洋軒
  • プレーゴ
  • RIZ CAFE
  • 未来革命
  • 炉庵 風の蔵人 KAGARIBI 舞の華
  • あなたの運命を変える『見えない力』