5月8日㈯に津市大門周辺で「津ぅのどまんなかジャズフェスティバル」が開催される。収束が未だ見えない新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、危機的状況が続く音楽文化を守りたいという思いも原動力となっており、安全に生演奏が楽しめるよう観客を事前登録の予約制にするなど創意工夫を凝らした感染予防対策も行う。今年は6会場26ステージでプロアマミュージシャンの多彩な演奏が楽しめる。

 

会場の一つBRANステージでポスターを手に…南出さん

会場の一つBRANステージでポスターを手に…南出さん

同フェスは2015年から津市大門周辺を会場に毎年開催。津市の中心市街地で生演奏が楽しめる本格的なジャズイベントとして親しまれてきた。昨年はコロナ禍によって一度は中止を決断したが、演奏の機会を失い、苦しむミュージシャンやライブハウスの苦境を目の当たりにし、音楽本来の形である生演奏を楽しんでもらう場を提供できないかと昨年9月に開催。新型コロナに対抗するというスローガン「Against COVID-19」と掲げ、感染拡大防止策を徹底。今年もそのスローガンを受け継ぎ、新しい生活様式に即した形でイベントを開催する。
今年は津市まんなか広場、津センターパレスホール、神楽洞夢、和院、BRAN、Heart ぽっぽの6会場で計26ステージ。ゲストミュージシャンは、津市出身の世界的ビブラフォン奏者・大井貴司や、同じく津市出身で愛知を拠点に活躍するベーシスト・長谷川英喜を始め、ピアニスト平光広太郎率いる平光広太郎トリオなど。プロアマ問わず、多彩なミュージシャンが出演する。神楽洞夢ではプラネタリウムとジャズのコラボも。
感染症対策として、全公演事前登録制で参加希望者は、同フェスHPから名前や住所などを入力した上で予約が必要。参加希望者の居住地の感染状況などを予め確認し、各公演の予約をした人のみが入場できる。公演毎に入れ替えを行い、受付時の検温、会場の消毒、各会場の定員はソーシャルディスタンスを確保できる人数のみと、三密の回避も徹底する。
会場の一つのBRANはライブステージを備えたスタイリッシュなカフェバーとして、今年3月にリニューアルオープンしたばかり。コロナ禍による苦境は続くが、店主の南出雄斗さんは「フェスを通じて、音楽を楽しむ人たちが繋がれる機会になれば」と笑顔で語る。
実行委員会代表の鵜飼仁さんは「コロナ禍で例年と比べると小規模ではあるけれど、安心安全で楽しめるイベントにしたい」と話す。
今年も様々なイベントが中止になっているが、未だにコロナの収束は見えない状況。イベントの在り方そのものが大きく変化していく中、文化の灯火を消さないように創意工夫を凝らし、時勢に即した形で継続している点もこのフェスの魅力。中心市街地に響くジャズの音を心待ちにしたい。
各公演観覧無料だが事前登録が必要。各公演は自由に登録できるが、必ず参加できる公演だけに事前登録をすること。BRAN、和院、Heart ぽっぽは要ワンドリンク。事前登録と公演予約はこちら

michishirube_om01 津市垂水の「石水博物館」で企画展「ぎをん齋藤コレクション 布の道標(みちしるべ)─古裂(こぎれ)に宿る技と美─」が開かれている。
京呉服の「ぎをん齋藤」は天保14年(1843)創業。
7代目当主・齋藤貞一郎氏は染織コレクターとしても知られ蒐集品に学んで精力的に古典の技法や意匠の復刻に取り組んでいる。
今展では、「ぎをん齋藤」の全面的な協力のもと、そのコレクションから中国唐代に遡る貴重な遺品や民間に流出した最大級の正倉院裂として話題を呼んだ「唐花文錦」をはじめ、東洋染織史を概観できる染織芸術品の数々を紹介している。会期は6月20日㈰まで。
入館料=一般500円、学生300円(高校生以上)。開館時間=10時~17時(入館は16時半まで)。毎週月曜日休館(祝日の場合は開館、翌日休館。5月3日は開館。6日休館)。
問い合わせは☎059・227・5677。

檜垣に藤菊文辻が花染

檜垣に藤菊文辻が花染

津市戸木町の伊勢温泉ゴルフクラブ内にある福祉と環境を融合した花園『かざはやの里』で藤まつりが開催中。
9種1800本の藤が咲くこの花園は社会福祉法人・正寿会が運営する障害者施設利用者らが職員と共に管理。園芸福祉の実践と利用者の収入増をめざしている。
例年よりも開花が早く今がちょうど見頃。美しい花以外にも、天然芝のドッグラン、足湯などもあり、ゆっくりと楽しめる。茶屋で美味しい食事が食べられたり、お土産も販売している。
GW中は花の時期は終わっているが楽しいイベントが目白押し。29日は空中ヨガ&フィットネス10時〜15時、無料。5月1日・2日は福郎会手打ちそば11時~13時・限定150食500円。5月2日、津クイーン撮影会10時~15時、参加費1500円(協賛費別)~。5月3日・4日・5日は「藤棚ハンドメイドマルシェ」。5月4日・5日10時~17時、こどもの日コスプレ祭り。
入場には、協賛金500円(18歳未満、障害者手帳を持っている人、福祉車両は無料)が必要。開放時間は8時〜17時。花が咲いてない場合は、あじさい祭りの入場チケットがもらえる。
問い合わせは☎059・255・5755。

05月07日
金曜日

発行:株式会社三重ふるさと新聞

  • 朝日屋
  • すぎしん衣裳店
  • カリヨン三重
  • 東洋軒
  • プレーゴ
  • RIZ CAFE
  • 未来革命
  • 炉庵 風の蔵人 KAGARIBI 舞の華
  • あなたの運命を変える『見えない力』