左から前葉市長、池村社長、ハルオくん

左から前葉市長、池村社長、ハルオくん

8月19日、電力販売会社「ミエアカリ」=津市栗真小川町=が津市緑化基金に10万円を贈った。
同社は㈱ハルエネ=東京都=が提供している新電力プラン「三重でんき」を販売。地域貢献を掲げ、電気販売の収益の一部で自治体に寄付や支援を行い、地域活性化を目指している。今回もその一環。同基金では、市内各地の緑化に使われたり、記念樹を贈っている。
ハルエネのマスコット・ハルオくんと共に、津市役所の前葉泰幸市長のもとを訪れた同社の池村祐樹社長は目録を手渡し「緑が増えて津市の皆様がますます健やかに過ごせれば」と挨拶。前葉市長は「大切に使わせて頂く」と感謝した。

ついに県内でも被害発生!

 

桜や梅などの木を食害しながら、全国で生息域を広げている特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」が三重県北部でも確認された。津市ではまだ確認されていないが、桜や梅の名所が市内の貴重な観光資源になっているだけに的確な対策が求められる。行政と市民が一丸となった取り組みで地域ぐるみの資源を守る必要がある。

 

穴から幼虫が出すフラス

穴から幼虫が出すフラス

クビアカツヤカミキリの成虫

クビアカツヤカミキリの成虫

クビアカツヤカミキリは中国と朝鮮半島が原産の甲虫。成虫は全体に光沢のある黒色で胸部が赤いのが特徴。幼虫が木の内部を食べ、2〜3年かけて成虫となり、6月中旬から8月上旬に成虫となり、木の外へ出る。その際、周囲の木に飛び移り、卵を産み付けながら繁殖を続けていく。国の特定外来生物にも指定されており、生きたままの移動や飼育、売買などが禁じられている。
被害地の東京、埼玉、群馬、栃木、愛知、奈良、和歌山、徳島では、梅や桃などの果樹への食害が発生。
さらに今年7月には、三重県北部で桜を食害しているのが確認され、これまでに雌雄16匹が見つかっている。他の被害は確認されていないが、三重県では被害の拡大に備え、警戒を呼びかけている。津市ではまだ未確認だが、桜や梅の名所が重要な観光資源になっているだけに被害を抑える事前の対策は不可欠と言える。
ただ、果樹である梅や桃と比べると、桜は名所以外にも、公園、街路樹、河川など至る所に植えられているため、行政が対策を行うためには、農業だけでなく、観光、公園などの施設、さらに道路や河川などを担当する部署の横断的な連携が必要となる。また、被害地では庭に植えられた梅の木で繁殖するケースも確認されており、被害の範囲を考えると市民へ周知徹底や、対策への協力を得ることは必須。被害の大きい木は、周囲の木を守るために伐採する必要があるが、桜は地域のシンボルとなっていることも多く、伐採の必要性を予め伝えることも必要。
成虫の活動期は、6月〜8月で、これからの季節は見つけづらくなっているが、木の中の幼虫が穴から出すフラス(フンと木くずがまざったものもの)は出し続けるので、発見の手がかりにはなる。行政による飛散を防ぐためのネットや農薬の用意だけでなく、積極的な広報を行い、注意を呼びかけると同時に、発見場所の報告をベースにした情報の集積も必要。他県では、市民を交えた地域ぐるみの防除策も行われており、駆除に対する報酬を用意している自治体もある。
津市では、観光資源だった御殿場海岸のマツが同じくカミキリムシの繁殖によって被害が広がる病気「松くい虫(マツ材線虫病)」への対策の遅れから、甚大な被害を受けただけに悲劇を繰り返すわけにはいかない。
被害の発生に備え、行政と市民が力を合わせた地域ぐるみの対策が求められる。

定年退職後にどう備えたらいいのか?お金が貯まらない等々の悩みに応え、お金を「殖やし」「備える」方法まで、お金に関する基礎知識を女性ファイナンシャルプランナーが分かりやすく解説します!
今年も本紙主催(共催=募集代理店㈱エイティー)の女性限定「女性のためのおかねのそなえセミナー」を①10月31日㈭14時~16時②11月1日㈮③11月2日㈯(両日10時~12時)に開催します(2日のみ夫婦、カップルでの参加可)。参加無料。会場は三重県総合文化センター2階の中会議室。受付けは開始の30分前から。各回リズ・カフェのスイーツ付き。
講師は日本FP協会の「くらしとお金の相談室」相談員、FP協会広報室電話相談員などを歴任するファイナンシャルプランナー1級FP技能士の川島登美子さん。
過去に受講した方からは、「お金のことは難しいので後回しにしてました。セミナーで知らない知識が得られて良かった」(30代女性)。
「将来のお金の備えについて『漠然とした不安』だったが、『何が分かっていないのか』に変わり、自分の中で少し整理できた」(30代女性)、など多くの声を頂いております。
ぜひこの機会にご参加をお待ちしております。
▼応募方法=郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・参加人数・同伴者がある場合には同伴者の氏名・希望講座日時(必ず第1、第2希望、もしくは、いずれの日時でも可)を明記のうえ、はがき、FAX、Eメール、電話のいずれかでお申込みください。
各回定員30名ですが、定員を上回る場合は抽選となり、当選された方にのみ10月23日頃に聴講券を発送させて頂きます。
▼応募先=はがき…〒514─0028、津市東丸之内26─12、MECビル3階、㈱三重ふるさと新聞「そなえセミナー」係まで。FAXは059・222・3331(件名は「そなえセミナー係」と明記して下さい)。
Eメールはfurusato@ztv.ne.jp(同じく件名は「そなえセミナー係」と明記して下さい)。
電話でのお申込みは☎59・222・3330まで(受付時間は平日9時半~17時半)。締切りは10月18日必着です。
尚、ご参加頂いた方に限り、後日、ファイナンシャルプランナーによる無料個別相談にお申込み頂けます。

09月24日
火曜日

発行:株式会社三重ふるさと新聞

  • 朝日屋
  • すぎしん衣裳店
  • カリヨン三重
  • 東洋軒
  • プレーゴ
  • RIZ CAFE
  • 未来革命
  • 炉庵 風の蔵人 KAGARIBI 舞の華
  • あなたの運命を変える『見えない力』