チェーンソーで木を切る体験をする学生

チェーンソーで木を切る体験をする学生

川遊びで美杉町の魅力を体感する学生たち

川遊びで美杉町の魅力を体感する学生たち

三重大学の学生15名でつくり三重県の活性化に取り組んでいる団体「三重創生ファンタジスタクラブ(通称・MSFC)」=代表・山下響さん(2年・19)=が今年4月から津市美杉町の活性化に挑戦中。豊かな自然に恵まれ、かつて林業で栄えた同町を訪れ、木材の切り出しや、川遊び、観光などを体験し町の魅力を実感している。 今後、その魅力の発信や、地元住民との交流を本格的に行っていく。
三重県では、人口減少や若者人口の県外流出により、過疎化や経済規模縮小が懸念されている。そこで同大はこの問題の解決を目指し、平成27年に文科省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」に採択された。予算補助期間は5年間。 同事業で三重大は地域社会の中心となり、授業を通じた人材育成などに取り組んでいる。MSFCは、この事業の一環で昨年5月発足。昨年は、複数のチームに分かれ県内29市町のPR動画作成などを行った。
そして今年、MSFCを担当する同大職員の織田拓さんが約6年前に同町上多気に移住し地域おこしに尽力していることから、クラブ全体で同町の活性化に挑戦することとなった。
山下さんは「僕は生き物が好きなので、美杉は個人的にも素敵なフィールドだと思う」、前代表の岡本守永さん(3年・21)は「常に、活性化のために何かできないかなという視点で美杉を見ています」と話している。

20日㈮10時~17時・21日㈯9時~15時、三重県総合文化センターで「㈱ライフ・テクノサービス」主催の「みえ福祉コレクション2018」が開催される。参加無料。
今年で3回目。介護・福祉に関するメーカーや専門家が一堂に会するイベント。文化会館棟2階の第1ギャラリー、第2ギャラリーでは両日共に様々な福祉用具の体験・展示を実施。最新の歩行器や介護ベッドに加え、目玉はロボットスーツHAL®や密着型歩行補助装置RE─Gaitといったハイテク福祉ロボの実演・体験。その他、税理士や司法書士などによる介護保険などの法律・制度相談なども実施。更に屋外の祝祭広場で福祉車両の展示や電動車いすの試乗体験も行う。
同じく文化会館棟2階中会議室及び大会議室で福祉用具メーカーなど、専門家による多彩なワークショップを実施。事前申し込みが必要(当日に空きがあれば参加可能)で、内容の確認と申込用紙のダウンロードはhttp://www.life-techno.jp/miecolle/ で。必要事項を記入し、FAX059・226・8240へ。
記念品がもらえるクイズラリーや自助具の製作体験・プレゼント、サンプル・ノベルティがもらえるブースなどもあり。
問い合わせ☎059・226・8219へ。

 

講演会講師の浅生悦生さん

講演会講師の浅生悦生さん

「津観光ボランティアガイド・ネットワーク協議会」が、8月の2日にガイド資質向上研修会、29日に歴史学習講演会を開催するにあたり、一般参加者を募集中。
①研修会=8月2日㈭13時半~16時、津市高茶屋の高茶屋市民センターで開催。
講師は奥三河ふるさとガイド会代表の高田孝典さん。演題は「旅の演出家・観光ガイドの意義と役割」。
定員100名。申し込み締め切りは7月24日。
②講演会=8月29日㈮13時半~16時、津市安濃町東観音寺の安濃中公民館2階多目的ホールで開催。
講師は三重県文化財保護指導員・三重郷土会理事の浅生悦生さん。演題は「明治天皇と津」。
定員90名。申し込み締め切りは8月24日。
▼参加料は無料。
▼申し込み方法=申し込み書に記入しファックスで送信。
▼申し込み・問い合わせ先は同協議会の藤井さんファックス059・232・9788、またはメールoyyw_f@yahoo.co.jpへ。

07月15日
日曜日

発行:株式会社三重ふるさと新聞

  • 朝日屋
  • すぎしん衣裳店
  • カリヨン三重
  • 東洋軒
  • プレーゴ
  • RIZ CAFE
  • 未来革命
  • 炉庵 風の蔵人 KAGARIBI 舞の華
  • あなたの運命を変える『見えない力』