このゴールデンウィークにも多くの人が楽しむことが予想される「潮干狩り」。自然に触れ、海の恵みを存分に味わえる楽しいレジャーである一方、違反をすれば罰則まである様々なルールが設定されている。貝を砂ごと掘る漁具「じょれん」の使用によって海上保安庁に送致される人が今年も出ていることからも、潮干狩りに出かける前に一度ルールの再確認をする必要があるかもしれない。

 

 

潮干狩りを楽しむ人々が集まる御殿場海岸

潮干狩りを楽しむ人々が集まる御殿場海岸

津市の御殿場海岸や香良洲海岸、松阪市の松名瀬海岸などにはこの時期、潮干狩りを楽しむ人が訪れており、ゴールデンウィークにはピークとなることが予想される。まず、潮干狩りを行う上で大事なのは場所選びである。
海には、漁業者の生活を守るために共同漁業権が設定されている。潮干狩りの対象となっているアサリ・ハマグリ・バカガイなどの貝類も津市内や松阪市内の漁協では漁業権が設定されており、それを侵害すれば20万円以下の罰金が科せられる。松阪市沿岸では自然環境の変化や密猟でアサリの不漁が続いており、松阪漁協は松阪港周辺の川の河口付近に保護区を設置し、資源回復のために、より厳しい管理を行っている。
では、どこでやれば良いのかというと、まずは漁業権が設定されていない御殿場海岸などの場所。もしくは漁業権が設定されているが漁協との協議の上、観光目的で開放している香良洲海岸や松名瀬海岸といった場所。つまり、地元の自治体や観光協会が周知している場所ということとなる。
漁業権の侵害については親告罪であるため、それ以外の場所で地元の人が自家消費する分の貝をとるなど、多少のことは見逃しているケースも少なくないが、裏を返せば漁協側が訴えれば、罪に問われるリスクを秘めているといえる。前述の保護区では厳しい管理がされているため、それが顕著となる。人気の潮干狩りスポットを避けて、いわゆる〝穴場〟へ行って貝をとっていたら訴えられたというのでは目も当てられないはず。
場所選びの次に確認すべきことは、各都道府県の漁業調整規則に定められている禁止項目に抵触しないかということだ。三重県では棒の先端に網やカゴが付いていて、砂ごと貝をすくう漁具「じょれん」の使用を大きさに関係なく一切禁止している。網のついた熊手も同様の扱いを受けるので要注意。また、貝の体長制限もあり、ハマグリ3㎝以下、アサリ2㎝以下の個体をとってはならない。違反した場合は、前者は科料に処せられ、後者が6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金という罰則がある。
これらの情報は三重県でもホームページ・ラジオ・データ放送などで呼びかけ注意喚起を行っているが、違反者が後を絶たない。三重県と愛知県を管轄する海上保安庁第四管区海上保安部によると、昨年に送致した漁業関係法令違反が133件あり、うち64件が三重県内で発生。両県で、じょれんが使用禁止であるということが広まってきたのもあり、減少傾向にあるものの、今年に入ってからも津市など三重県内の海岸でじょれんを使用し、送致された人がいるのも事実だ。
今まで紹介した漁業調整規則は三重県のもので漁業権に対する対応は都道府県や管轄する漁協によって異なるため、ゴールデンウィークに他県へ遠出をして潮干狩りをする場合は念のために、その違いを確認をしておいた方が良いだろう。
ここでまとめた違反行為はれっきとした海上犯罪で取締の対象となる以上、知らなかったでは済まされない。もし、送致されれば、家族で過ごす楽しいゴールデンウィークの思い出が台無しになってしまう。もう一度、ルールをしっかりと確認してから、潮干狩りを楽しむべきだろう。

平成29年度講座が始まった「有造館ゼミナール」=齋藤正和会長=の第2回は、4月28日14時~16時、アスト津4階研修室Aで開催される。
今回の講師は三重郷土会常任理事の浅生悦生氏。市内各地の公民館講座や津観光ガイドネットの郷土史研修など引っ張りだこの人気講師。演題は「津地域の地名 その1」。地名から見えてくるその地域の歴史・風土を語る。「その2」は10月27日の予定。
第3回以降のその他の講師(敬称略)と演題は、5月12日津坂治男・京都時代の津坂東陽、同26日中村光司・津藩時代の鋳物師、6月9日吉村利男・廃藩時の津城建物配置、同23日齋藤正和・齋藤拙堂の漢詩、9月8日椋本千江・藤堂高虎遺訓、同22日水谷憲二・藤堂高猷とその時代その2、10月13日塚澤正・江戸時代農村の山神講、11月10日太田光俊・江戸時代津市民と伊勢参り、同24日藤谷彰・津藩士の昇格制度。
有造館ゼミは市民による自主ゼミで、受講会員の会費で運営している。年度会費は5000円(1回当たり420円程度)全12回。今年度会員は既に60名いるが、会場の定員いっぱいまでまだ若干受入れ可能。
問い合わせ・申し込みは齋藤会長へ(☎菰野059・393・1464)。

さわやかな五月の若葉を渡る風が、すがすがしい季節を迎えております。
今回は初夏にふさわしい芝居小唄、時代物として「蝶千鳥」世話物から「髪結新三」の二曲をご紹介いたします。

蝶千鳥

空に一声時鳥 菊や牡丹 の蝶番い
離れぬ仲の群千鳥
富士の裾野に並び立つ
姿なつかし 五月晴れ

「曽我兄弟の討入」の話を小唄にしたものです。この小唄は曽我十郎祐成と五郎時政の兄弟が母より形見に送られた「蝶と千鳥の直垂」を身につけて、首尾よく敵を討ち恨みを晴らすという、曽我兄弟の討入を実録風に脚色したもので、九世團十郎の五郎、五世菊五郎の十郎の「夜討曽我」の時代劇を唄っております。
小唄の「空に一声時鳥」は昭和11年4月、歌舞伎座「團菊祭」の時に出来た曲で、市川三升作詞、草紙庵作曲の小唄です。
市川三升が名優團菊の二人の姿を懐かしく思いうかべ作詞したといわれる秀歌詞で、「菊や」は菊にかけて五世菊五郎、「牡丹」は市川家の替紋で九世團十郎を指し、「蝶番い」と「群千鳥」は母から送られた蝶と千鳥の模様の直垂から兄弟であることを指しております。
この小唄は、草紙庵作曲の自慢の曲の一つで、人々の評判になり、今日まで盛んに唄われております。

次にご紹介いたしますのは、芝居小唄、世話物で有名な「髪結新三」です。

髪結新三

目に青葉 山時鳥初鰹
“鰹、鰹”の売り声を聞く 湯帰りの耳果報
薩摩さ こりゃさ
髷にさしたる房揚枝 浴衣の裾をかいどりて
髪結新三はいいっっ男

この唄は、久保田万太郎作詞、山田抄太郎作曲、昭和33年5月に作られました。皆様も一度は「髪結新三」という言葉を耳にされたことと思います。今回は湯帰りの新三の姿を小唄にしております。
舞台は髪結新三宅の場、梅雨の晴れ間に時鳥の声が聞こえ、小唄の「薩摩さァ こりゃ さァ」の威勢のいい下座で始まります。魚屋が「かつお!かつお!」と呼び乍ら場幕から出るとその後から湯上りの新三が房楊枝を頭に差し、ぬれ手拭に浴衣、三尺帯に下駄がけ、粋な姿で花道にかかります。

唄は江戸下町の初夏の情緒と入墨新三のいなせな姿をうつして絶妙。どこまでも江戸っ子の「いい男」を見せなくてはなりません。
これぞ歌舞伎小唄のイキで、作詞、作曲、演奏とも、戦後最高の歌舞伎小唄といわれております。
風薫る五月。初鰹が食卓を飾る時季になりました。新緑に季節を満喫なさって下さい。
(小唄 土筆派家元)

「小唄の楽しみ ちんとんしゃん」も今回で7回目を迎えて14曲をご紹介いたしました。実際にお聴きになりたい方は稽古場が「料亭ヤマニ」になっておりますので、興味があればお気軽にご連絡下さい。又、津中日文化センターで、講師も務めております。
稽古場「料亭ヤマニ」
電話059・228・3590。

04月29日
土曜日

発行:株式会社三重ふるさと新聞

  • 朝日屋
  • すぎしん衣裳店
  • カリヨン三重
  • 東洋軒
  • プレーゴ
  • RIZ CAFE
  • 未来革命
  • 炉庵 風の蔵人 KAGARIBI 舞の華
  • あなたの運命を変える『見えない力』