山本さん(左)と古市さん一家…三津浜駅にて

 一草庵から三津浜駅までは6キロくらいか。歩き始めてすぐ、ぼくが監事を務めさせて頂いている『みえ歴史街道構想津地域推進協議会』の事務局(三重県津県民センター内)担当者(当時)・山本晃さんから朝に続いて今日2回目の電話。このところ殆ど毎日のように電話があり、現在地を確認。お遍路に出る前に聞いていたが、ぼくら夫婦の進行状況をパソコンに記録しているらしい。今日の後の予定を教える。
 同じ県都でも津市と違って松山のような人口50万人もある大きな都市の市街地の道は分かりにくい。三津浜駅への道が合ってるのかどうか自信がなく、交差点の手前で立ち止まり地図帳を広げて女房と確認。すると、たちまち右から左から次々と人が寄ってきた。中年、熟年取り合わせ男性が3人。「道に迷ったのか?どこへ向かうの?」と尋ね一斉に地図帳を覗き込む。一人が「ちょっと貸して」とぼくの手から地図帳を受け取ると3人で首っ引き。
 男性たちは互いに知り合いではなく、それぞれ全くの通りすがりのよう。「三津浜駅ならこの道が」「いやいやこっちの方が判りやすいよ」と路上でのにわか井戸端会議の末に、このルートが最適と道順を教え、別れ際には「がんばって」と激励してくれた。
 松山の人たちのこの親切は一体なんなんや……ぼくら夫婦は驚き、そして感激せずにはおれなかった。
 4時15分、三津浜駅の裏口まで数十m。またも携帯に着信。今度は山本さんと同じく歴史街道仲間の津市芸濃町在住の近鉄イベントサービスOB・古市悦雄さんから。芸濃地区に歴史観光ボランティアガイドグループを立ち上げようと一生懸命動いてくれている人。お遍路に出てから初めて頂く電話だった。久々の会話を交わしながら線路をまたぐ跨線橋を渡る。下り階段はそのまま駅のホームに続き松山駅までの切符を買おうと駅舎改札口に進む。そこに立っていたのは山本晃さん、古市さん、古市さんの奧さん、それに抹茶とお菓子を載せたお盆を手にした娘さんの4人。
 何というサプライズ!山本さんが頻繁に電話してきた理由がやっと判った。
 前日から津を出て車を走らせてきたという。宇和島城、大洲城を見て、恐らく今日はぼくらは45番札所の岩屋寺あたりと予測し、そこで待ち受けるマルヒ計画で国民宿舎古岩屋荘に宿を取ったとか。「歩くのがこんなに速いとは思わなかった」。正岡子規記念館と一草庵で合わせて2時間半ほど道草をくったことを説明する。「それが良かった。道草しなかったらこの駅で待ち伏せできなかった」と山本さん。先に切符を買ってから、待合室で古市さんの奧さんが点ててくれた抹茶をゆっくりと頂く。こんなにも美味しいお茶は生まれて初めてだった。名残惜しかったが、37分発の電車に乗り手を振って別れた。
  5時、ビジネスホテル・モンブラン着。今日はお接待の連続、道案内まで入れると6連発。しかも中身は超弩級。信じられないような一日……嬉しくて女房と今日の夕食は奮発してリッチにいこうと目論んだが、あにはからんや松山駅はJR駅より少し離れた私鉄駅前の方が繁華街らしく、JR駅前は閑散としてこれといった目ぼしい店がない。道後界隈の賑わいぶりから駅前はさぞやと期待していたのに全くの当て外れ。
 日が落ちてまたも冷え込み、冬に逆戻り。寒さにふるえながら駅周辺をさまよい、人に聞きながら数百m歩いてコンビニを探し、取り敢えず明日の朝食分を調達。その帰り、ようやく古びたお好み焼き屋を見つけて夕食にした。安くついたが、こんなトビッキリの日には物足りず残念。
 夜、ホテルで一風呂浴びてから大学ノートに旅日誌をつける。繁多寺すぎで軽自動車の女性から頂いた小袋を開けて中身を再確認。傷バンは4枚綴りだった。何気なく裏を見る。そこにボールペンで書かれたメッセージ。
 『お疲れ様です。道中どうぞお気をつけて、無事結願できますように。がんばって下さい!!』
 文末には、かわいい豚の笑顔のイラストが添えてあった。   (西田久光)