アインシュタインやチャップリンを輩出している優秀なユダヤ人、ゲーテ、カント、ベートーベンを輩出したドイツ人、東郷平八郎や湯川秀樹を輩出し、アジアで群を抜く16個ものノーベル賞を受賞して文武に長けた日本人の3民族は、世界で覇権を争う米ソ英中仏の五大国によって、世界戦略の邪魔者として疎外されています。キリストとその弟子はユダヤ人にもかかわらず、キリスト殺しの汚名を2千年も着せています。実際に死刑判決を下して、キリストの死刑を執行し、かつ四百万人もの殉教者を殺したのはローマ人やヨーロッパ人にもかかわらずです。膨大な大国からの賠償金とマルク売りのユダヤ資本によって、1千倍ものインフレでドイツを滅亡に追い詰めたにもかかわらず、ドイツ民族のゲシュタポ殺人に関して五万を六百万人と決め付けて、時ある毎に宣伝し、ドイツの活動を制限している五大国の戦略は、見逃すことが出来ないのです。
 岡倉天心や大川周明の哲学に基づくアジアの植民地解放の救世主として日本はアジア各国に藤原大佐、谷豊中尉、鈴木大佐などの独立記念が建立されているにもかかわらず、大量殺人兵器の原爆を無差別に日本に二発も投下。それも戦争を終結させるためではなく、アジア各国を植民地に戻すために投下したのです。南京事件がなかった事の日本側提出の証拠を一切取り上げることなく、またパール博士ほか5人の判事の東京裁判進行の異議申し立てにもかかわらず、大国は東条英機などを不当にも死刑にしました。かつ未だに米国はブッシュ政権の時に、南京事件の非難決議を決定し、慰安婦の非難決議もしています。事実調査もせずに米国のバラセイズ公園に慰安婦の銅像を建てて、日本に永久汚名を着せてアジアでの活動を制限する五大国が東南アジアの権益を独占しようとしています。そもそもヤルタ会談にてロシアの参戦を勧めたのは、ルーズベルトであり、その見返りに北方四島の占領を米国はソ連に約束したのです。
 これはアルチュール・コントの記録として実際にあります。今も、大東亜戦争は中国の尖閣列島侵略と米国の基地占領によって継続されております。米ソは東欧と西欧の分割統治、アジアの大陸と海洋の分割統治『ベトナム、朝鮮、日本の分割』をやり遂げて、お互いの都合の悪い議題は拒否権をもって議会運営を戦略的にしております。原爆も大国が独占して世界支配しています。大国や大国が承認した国以外は、不拡散条約に入れ込んで制限しています。これでは弱い国は益々弱くなり核をもつ大国の言いなりに政治経済は進んでしまいます。安保条約第一条では、日本を守っても守らなくとも良い条約になっており、その時の大統領府の都合によります。緊急の時には全く間にあいません。国連も中国とロシアが拒否権を使いますから全く役に立ちません。仮に隣国が核兵器を日本に発射してもその判別に40分かかり、米国に要請して手続きをしている時間が掛かりすぎ、20分以内でミサイルが届きますから、その時は日本は再び焼け野原になった後になっています。
 日本の家庭の財産と生命を守るのは日本だけです。不戦と平和願望の憲法九条が隣国にもあれば良いのですが、隣国には一切、憲法九条はありません。ですから隣国には憲法九条は通用しません。日本は大東亜戦争はアジアの植民地解放であり、実際にアジア各国は大東亜戦争の後に日本軍の援助によって独立を五大国から勝ち取り、記念碑も建てられています。子孫の世界での活躍と生存のために自信を持って汚名を晴らす正念場に来ています。
 安倍総理が歴史を見直ししようとしていますが、米国政府系のニューヨークタイムズは執拗に安倍総理を非難しています。日本人は米国等連合国の言論統制により、安保条約も大東亜戦争の裁判記録もポツダム宣言とヤルタ会談の調査もせずに、日本と弱いアジアのために命を賭けた軍人の恩や特攻隊の真意も知らず、大げさに騒ぐのはやめて、冷静に世界歴史を読み解き大東亜の理想を継続するべきであると思われます。  ※関連書籍の三教宝典は別所書店修成店、本紙で取扱い中。
 (藪内 憲雄 変換修養学会、高等学術研究所代表)