からくり人形「十段がえり」

老人図扇面 写楽筆

 (公財)石水博物館(津市垂水3032─18)で、科研費調査報告展『伊勢商人の文芸活動』が開かれている。
 伊勢商人の多くは、和歌・俳諧・国学・歌舞伎・浄瑠璃・能など様々な趣味を持ち、江戸や京、上方などの最先端文化を伊勢に引き込み、高い水準の教養を持っていた。
 平成21年度から4年間にわたり南山大学の安田文吉教授を代表とする8人が科学研究費調査「江戸時代伊勢商人の文芸活動の研究─石水博物館所蔵文献資料を手がかりに─」(基礎研究B)を実施。伊勢商人の幅広い文芸活動に関わる様々な新発見があった。
 同展では、その集大成として、研究成果を作品や資料を通して報告する。
 会期は4月7日まで。
 入館料一般500円、高校生以上の学生300円。開館時間は10時~17時(入館は16時半まで)。休館日は月曜(但し祝日の場合は翌日)。
 ▼同時開催(第2展示室)=所蔵品展「川喜田半泥子とその周辺 半泥子と川喜田家~木綿問屋の当主として~」。

シンポジウム開催 3月16日・津商議所ホールで

 「伊勢商人の文芸活動」開催期間中の3月16日13時~16時、津商工会議所1階の丸之内ホールでシンポジウム『伊勢商人川喜田家代々の文芸活動』が開催される。
 パネラーは、安田文吉(南山大学文学部教授)・飯塚恵理人(椙山女子学園大学文化情報学部教授)・
 パネラー兼コーディネーターは、安田徳子(岐阜聖徳学園大学教育学部教授)・神谷勝広(同志社大学文学部教授)・山田和人(同志社大学文学部教授)・冨田康之(北海道大学大学院文学研究科教授)・岡本聡(中部大学人文学部准教授)・神津武男(早稲田大学高等研究所招聘研究員)・早川由美(愛知淑徳大学非常勤講師)。
 聴講無料。参加申し込みは、電話で同博物館へ・先着申込み80名で締切。
 問い合わせ・申し込みは石水博物館℡059・227・5677。FAX213・5789。