先日、藤堂高虎公の大河ドラマを!とNHKに3県4市町の首町や各団体の代表者32名が請願に行かれたと聞きました。高虎公ファンの私も早期に実現となる事を願っています。 
 高虎公は徳川家康公と共に戦国時代を終え、おだやかな安定した平和な時代(封建社会ではあるが)へと力を注いだ一人でもあります。治世は武力で制圧する「武断政治」から徳をもって治める「文治政治」になっていきました。家康公は豊かな知識を持っている儒学者林羅山(道春)を召しかかえています。二百ヶ条御詠歌の箇所に林羅山との交友が書かれており、高虎公の学ぼうとする精神が読み取れます。
 古代国家の成立の時に、神道のところに中国、朝鮮から儒教や仏教が伝来し、うまく調和して日本文化に大きく影響を与えました。 儒学とは中国の孔子(BC551~BC479)を始祖とし、徳をもって治める思想。五つの徳(仁義礼智信)と五つの関係(親子・君臣・夫婦・兄弟・朋友)を大切にする考え方です。江戸期には儒学は「思想」よりも「教養」とされ、人々の生活の中に秩序、礼節を重んじる道徳として根づいていったのです。これは現代社会にも受け継がれてきています。
 高虎公家訓十九条に「仁義礼智信、どれ一つ欠けても何事も成功しないよ」と述べられています。仁(思いやり)義(道理)礼(礼儀)智(知恵)信(信頼)の事です。その他の条にもいろいろと書かれていて、息子の高次(当時二五歳)に父高虎(当時七十歳)はやさしく諭していて、親の深い情愛がわかります。 
 また高虎公遺訓二百ヶ条は高虎公死後三四年のちに家臣の大神朝臣惟直が高虎公を偲んで書き記したものです。家訓と類似する部分が多くあり、高虎公の心情や思考がよく分かります。背中のかゆい所に手が届く程にきめ細かく書かれています。
 まず一条は命の大切さ、一一条は思いやりを持つ事、一五条は人の意見は聞くようにすると良い。一六条・言葉は礼儀正しく。二〇条・適材適所に人を使って育てなさい。二一条・上司は人を見る目を持つ事。三七条・信頼されるように心がけよ。四三条・親孝行しなさい。五四条・精神力を養うこと。他に嗜み一つで人となりが見えるよ。自分の人生道はしっかりと持つ事。旅に出るときの心得。習い事はした方が良い。本を読もう。諸作法の心得等々。
 私のお気に入りは九三条です。妻は大切にしなさいよ!神代の昔から赤い糸で結ばれているから互いに助け合いなさいの所です。夫婦は笑顔で喜んで生活していれば福の神がやってくると言われています。頑張ろうーと!
 さて、今世間ではいじめや体罰の事が大きく取り上げられています。挨拶は笑顔のはじまり。ありがとうは感謝の言葉です。言葉ひとつで人を思い、更に自分の成長になりますね。一条の「寝屋を出るより其の日を死番と心得よ」の言葉にはいのち、今と言う時間の大切さ、心の持ち方が書かれています。一一条の情(思いやり)をかけなさい。もし何かあった時は「人のせい」にしないで、反省して相手の立場の身になって考えなさいと記されています。
 しつけは「しつづける」事でいつの間にか生活習慣となるもの。そして親や上司がやってはいけない三つの事があります。小言、権力乱用、体罰という暴力です。人は笑うと心が満たされ、褒められると頑張ろうという活力になります。親や上司は子や部下を信じて愛し、理解し、認めてあげると良いということですね。
 この高虎公の家訓や遺訓二百ヶ条の教えを守り、子孫、家臣や領民は努力し、人づくりや町づくりをし文化藩として栄えてきたのだと思いました。読み終えて高虎公の人柄に触れ、江戸時代早期の生活をかい間見た気がして楽しい時間を過ごしました。
 (椋本 千江 全国歴史研究会・三重歴史研究会・ときめき高虎会会員)