2013年3月

三重の美味などを掲載した「ミエシカル」

 松阪市日野町にあるカリヨンプラザ3階のNPО法人「Mブリッジ」が今月1日、観光ガイドブック『三重のステキ☆発見ガイドブック ミエシカル』の北中部版と南部版を各5千部、発行した。
 県から受託した事業で作成されたもの。エコや地産地消など、人や環境に配慮しながら社会問題の解決を目指す「エシカル」という考え方を切り口に、県内の商品・店舗などを紹介し、誘客に繋げるのがねらい。ミエシカルは、〝三重〟と〝エシカル〟を合わせた造語。昨年5月より、県民から店舗などの情報を募集し、集まった173件のうち、139件を選定して取材。北中部版に70件、南部版に69件を掲載した。
 内容は、素材や調理法にこだわった料理やパン、フェアトレードの雑貨、自然を楽しみながら社会貢献できる体験施設など、お出かけに役立つ情報が満載。主なターゲットである20代〜30代後半の女性だけでなく男性やファミリーからも好評を得ている。
 A5版、各19頁。県内の市民活動センターや観光協会などで無料配布中。HP(「ミエシカル」で検索)から申し込むと無料で郵送してもらえる. 問い合わせ☎0598・26・0508。

 「真宗三派の会・津徳本会」=常磐井慈祥理事長、事務局・津市北丸之内 報恩寺内=が、4月~11月の第1日曜13時~15時半、津市上浜町の光蓮寺で仏法聴聞の場として『真宗講座』を開講するため、広く一般からの参加を募っている。
 津徳本会は昭和9年に真宗三派(高田派・本願寺派・大谷派)が設立した信仰結社「専精講」と、不良少年の保護施設「専精学舎」=現・少年鑑別所=の運営がルーツ。昭和29年からは財団法人として寺院や社会福祉施設の戦災・台風災害からの復興を融資により支援。昨年、財団法人を解散し、任意団体として再出発した。現在、16カ寺と個人が所属。仏法聴聞の講座は豊かな人生の啓発や、宗教的情操の涵養が目的。
 4月~7月の内容は─  ▼4月7日…講師=龍谷大学大学院講師・清岡隆文氏、講題=他力回向の信心 ▼5月5日=名古屋音楽大学教授・宇治谷顕氏、三帰依文について
 ▼6月2日…西願寺住職・渡邊浩昌氏、尊者阿難
座より起ち 
 ▼7月7日…早稲田大学日本宗教文化研究所招聘研究員・安藤章仁氏、大無量寿経のこころ
 ※8月は報恩寺で暁天講座が開かれるため休講。
 各回とも無料、事前申込み不要。9月以降の内容など問い合わせは報恩寺へ℡津228・6743。

 

 津市桜橋の「おはなしの森」で開催中の『ナキウサギ写真展』の23日の企画、「はじめましてぼくナキウサギ」の時間が13時半〜14時半に変更になりました。℡津222・5554。

[ 9 / 20 ページ ]« First...7891011...20...Last »