テレビをつけるとよく韓国ドラマを放送している。見続けると日本のドラマより面白い。美男美女が出てくる上に俳優も脚本も新鮮だ。
 ただ、現代劇だとちょっとした違和感がある。顔も衣服も日本と似ているのに、気持ちの表現方法が違うのだ。家族のあり方や風習の違いも大きい。正直なところ、嫁という役回りは遠慮したいなと思う。
 食事に関する場面も、いろいろ違っていて面白い。まず、出会ったら「ご飯食べましたか」と聞く。まだと答えれば、「では食べなさい」となる。他人の食事まで気遣うお国柄らしい。
 食卓の品数の多さにも驚く。朝ご飯から何皿もの料理が並び、鍋物まであって豪華。野菜料理がおいしそうだ。
 テーブルを囲むと、「たくさん食べなさい」と相手の皿に取ってやったり、スプーンを口元に運んで食べさせてやったりする。大人が「あーん」とするのも、珍しくはないようだ。同じ器から食べたり、一つのスプーンが行ったり来たりすることに抵抗はないらしい。 ご飯や汁物の器は手に持たず置いたまま。食事中の箸は食器の中に入れておく。女性の立て膝は当たり前で、誰もがテーブルに肘をつき、背中を丸めた姿勢で食べる。
 日本で行儀が悪いとされることも、所変われば品変わる。日本の常識が世界標準ではないとドラマで確認しているみたいだ。      (舞)