ここ数年、私は日本アルプスの山々を年に数回ほど気が向いたときに登っていました。仕事上、連休が少ないのでどうしても日帰りが多くなります。
 すると前日の夜中に出発し、登山口で車中泊、早朝に歩きだして夜中に津に戻ってくるパターンになります。これは結構しんどいもので、それなりの覚悟をもって出発しなければなりません。
 もう少し、お手軽な気分で行きたいなと思ったのが鈴鹿山脈の山々でした。かの有名な定番の御在所岳はまあまあこんなもんかな?と思いましたが評価が一変したのがその近くの竜ヶ岳でした。石灰岩と花崗岩と笹が作り出す風景は日本アルプスのそれに劣らない感動を与えてくれます。
 味をしめた私は何度か竜ヶ岳を登った後(さすがに同シーズンに3回登ると飽きます)、鈴鹿山脈最高峰の御池岳を目指すことにしました。 
 御池岳の山頂はカレンフェルト(未状岩郡)やドリーネ(侵食窪地)のある広い石灰岩の台地で、南面は切り立った崖となっていて展望が素晴らしい、とされています。要するに大きな木が育ちにくく、石や地形の造形が豊かでそれが展望が良いことに繋がっています。
 まず登山口を探します。あったあった、いつも登山口までたどり着くのが大変です。登山口を示す看板はあったりなかったり、あっても大抵は小さく分かりにくいか、朽ち果てています。もちろん車のナビには載っていませんから、書籍やネットを駆使して下調べします。大抵はご親切な誰かが画像つきでネットに掲載しています。便利な世の中になったものですね。
 えっちら、おっちら登っていくと、リスがうろちょろしていました。鹿はなんどか見たことがあるのですがリスは初めてです。しばし足を止めて行方を追います。
 登山開始後2時間ほどしてから雲行きが怪しくなってきます。今日は雷雨注意報が出ているのは知っていましたから雨は覚悟はしていました。しかし雷だけは勘弁願いたいものです。
 ほどなくして、頂上に到着。全然よくありません。周りが木に覆われて遠望が利かないんですね。たまたま居合わせたおじさんに写真を撮ってもらいましたが天気悪いし、逆光で真っ暗です。実は登山とは必ずしも頂上がいちばん素敵というわけではないのです。
 気を取り直しその人に展望のひらける「ボタンブチ」の場所を聞いて向かいます。本当にこれであっているのかな〜と不安に思っているころにすばらしい光景が突如現れます。長い風雨の影響で木々が流されたまま育っています。三重県にいるとは思えない、大げさに言えば映画のワンシーンのような展望の中を歩きます。
 もう気分は冒険の勇者です。もっとこの光景の中を歩きたかったのですが、「ボタンブチ」にほどなくに到着してしまいました。さっきから前も後ろも私の視界に人類はいません。眼下に飛んでいるヘリコプターくらいでしょうか。高度感のある景色に目が休まります。
 さて、ここで待望のカップラーメンの登場です。いままでは携帯ガスコンロでお湯を沸かしていたのですが、高性能の保温ポットを手に入れたので朝入れたらお昼でも十分熱く、手軽にラーメンが楽しめます。
 ここの石にメッセージが刻まれています。今年遭難で亡くなった方が見えたようです。手を合わせ先に進みます。地図とにらめっこして、この道でいいのかな〜と不安が募ります。霧がかかっていたりルートがたくさんあったり踏み跡がはっきりしていないと結構道に迷います。
 今まで何度か迷ったり、偶然すれ違った人に助けてもらったりと山では都会にない注意を払わないといけません。鈴鹿といえども遭難者は毎年数名いるのです。
 しばらくすると展望が開け道が間違っていないことに確信を得ます。
 しかしまた次の問題が…雨と雷です。ついにきました落雷、とっても怖いです。雷雲はすぐ頭上にあります。勇者は近くの森の中に退避しますがきっと何の対策にもなっていません。だからといって、だだっ広い原野ををひとりで歩くのは怖すぎます。山で雷にあったらもうそのあとは運次第と山岳ガイドの言葉が反芻されます。
 20分くらい経ったでしょうか?とても長く感じましたが実際にはそんなもんだったと思います。ようやく雨と雷が止みます。勇者はすごすごと森から出で再び歩き出します。
 すぐに一面コケの原野に到着しました。雨が降った後なのですごいです。何がすごいってコケが青々と光り輝いています。もちろん眩しくはありませんが、生命の喜びみたいなものを感じるんですねぇ。大台ケ原や屋久島もすごいコケでしたが三重県にこんなすごいところがあったんですね。 ちなみにここは「日本庭園」という名前がついてます。わたしなら、「コケ牧場」にしますけどね。
 さあ、もうあとは下るだけです。頂上で写真を撮ってもらったおじさんに再び出会います。山ですれ違ったりする人は必ず挨拶するので会話もはじまりやすいです。どこそこに茂っていた草の名前やどこの山はどうだとか年配の方なので私の質問に答えて頂けます。例の雷のときはシートを引いて寝そべっていたそうです。別れ際に「鈴鹿山脈最北端の霊仙山行ってみたら?」と言うので次回の冒険はそこに決めました。なぜそこがいいのか理由は聞いていませんでしたがそれもいいでしょう。行けばわかります。
 そんなこんなで帰りはいつもの片岡温泉に入ってから帰ります。ここがまたすごくて、加湿・加水・循環・消毒を一切せず、タンクにも貯めず一度も空気に触れない新鮮な源泉を掛け流しです。おまけに最近リニューアルされてとってもオシャレになっていますよ。 
  あー楽しかった!
 でもみんなに聞かれます。登山のどこがいいの?なんでのぼるの?苦行?
 行けばわかります(笑) (前川 政輝 ㈱マック=カーライフマック=代表取締役社長)