三重大学の持つ知識を一般と共有しようと各分野の専門家を招き隔月ペースで開いている津市・津市民文化祭実行委員会主催の三重大学シリーズ、第49回文化講演会?「発見塾」が25日13時半~、津市久居総合福祉会館3階レクリエーションホールで開かれる。主管=津文化協会。後援=同大学、本紙。
 今回の講師は、同大学院生物資源研究科教授の成岡市さん。演題は『上野英三郎とハチ公は今の時代に何を伝えたのか?』。
 「誰でも知っている渋谷の忠犬ハチ公。今回はハチ公を偲ぶと共に飼い主の上野博士の足跡を辿ってみます。技術・学問分野を同じにする人々にとっては、これは『バックサイト』=測量学では位置の確定した基準点をのぞき見ること=と言う作業で『過去を見て未来を見通す』という意味もあります。驚きのお話をいたしましょう」と成岡さん。
 入場無料、事前申込み不要。直接会場へ。問い合わせは事務局℡津228・8393東さん。