6月末までに全国で熱中症で救急搬送された人数は4278人。なんと昨年の倍のペースです。
 熱中症は体の内部に熱がこもって起こります。健康的な生活をして良く体を動かし、体が元気な人は発汗する力があるので、熱が汗となり出ていきます。
 日本の夏は昔より暑くなりましたが、もっと暑い国もあります。では、そのような国では日本よりも熱中症にかかる人が多いと思われますか。どこが違うのか考えてみましょう。
 日本はどこへ行っても道端に自販機があり、暑い時は冷たい飲み物を手軽に買えます。そのため冷たい物を良く飲むことになり、胃腸が冷えて汗が出にくくなってしまいます。しかも街中どこでも冷房が効いていて、快適ですが、これでまた汗をかきにくくします。
 その上、車社会になってすぐ近くに行く時も歩かなくなりました。
 運動不足で、体を冷やす生活が長く続くと汗をかきにくい体質になります。冷たい物は程々にして良く体を使い、冷房は賢く利用してください。
 漢方薬を飲んで熱中症が素早く治ったと喜ばれています。熱中症予防の漢方薬もありますので、ご相談ください。

【コンクレバンあります】

ケンコウ薬局

【住所】津市西丸之内24-13  地図はこちら     【TEL】059-224-1389(相談完全予約制)
【営業時間】AM9時~PM7時             【定休日】日・月・火曜
【夏期休業】 7月28日(日)~8月1日(木)

http://www.kigusuri.com/shop/kenkou/
http://www.dearmam.com/