我が国初の五十音別国語辞典の「和訓栞」や「日本書紀通証」を著した国学者谷川士清を顕彰する団体、「谷川士清の会」が9月に開かれる設立15周年記念講演会(会員養成講座)の受講生を募集している。
 ▼第1回・9月6日、津市図書館2階視聴覚室…①10時~11時40分「士清さんの面白さ」=講師・吉田悦之(本居宣長記念館館長)②11時40分~12時「谷川士清の会の歩みと現状」=講師・馬場幸子(谷川士清の会代表)
 ▼第2回・9月13日、アストプラザ会議室1…13時半~15時10分「『和訓栞』見出し語の分割─清逸本から製版本へ─」=講師・三澤薫生(和洋女子大学教授。『和訓栞』研究第一人者) 
 ▼第3回・9月20日10時~11時半、史跡案内(ガイド実習)=津新町駅10時集合後、会員が六阿弥陀堂・福蔵寺・士清墓・谷川神社・反古塚・旧宅・土手の地蔵・神宮寺を案内する。
 参加無料。申し込みは士清の会事務局、〒514─0041、津市八町3丁目6─21、佐野萬里子さんへ。℡&FAX津227・5092。住所・氏名・電話番号を伝えること。