式年遷宮もいよいよ大詰めを迎えています。伊勢の神領民十五万、特別神領民として奉仕する全国からの七万の民によって、御敷地に、宮川から集められたお白石が敷きつめられます。 重機で運べば、能率も上がるでしょうが、一個一個の石に国民の祈りが込められ、運ばれることが尊いことと思えます。
 伊勢神宮の奥の奥、瑞垣には天皇皇后両陛下のみが入って祈られます。
 その外側、内玉垣は天皇皇后と皇太子夫妻。アマテラスからつながる世界で唯一の神話の後継者としての御存在の尊さを改めてかみしめます。総理大臣も、秋篠宮でさえも外玉垣までしか入ることはできないのですから。
 そして、板垣があって、一般の参拝はその外側で祈りを捧げます。この四重の垣でできているのが、伊勢の宮の配置なのです。アマテラスが鎮座されれば、外玉垣南御門の先に入ることは絶対に許されません。
 ですから、御正宮を間近で仰ぎ見ることができるのは、二〇年に一度、遷宮前のこのとき限りなのであります。
 お白石を積んだ車を曳いて進んでゆくときも、感無量でした。白い布で包んだお白石を持って、神宮境内を歩き、新しい宮に一歩踏み入れた時の感動は言葉にできません。ヒノキの香り、澄み渡る涼やかな風、垣の外側からは決して見ることのできない宝玉の飾り…まさに高天原とはこんなところなのかも知れないと思うほどでした。
 そして、圧巻は、新しい宮から望む今の宮、二つのコントラスト。 今の宮から新しい宮を仰いだことは数え切れません。しかし、その反対側、遷宮を待つ神殿から見る世界は異次元でした。二十年という時間が、目に見えるような思いでした。
 しかも、その向こう側に千三百年という時間が垣間見えたような気がしました。まさに神代の継承、私たちの御先祖様が願ってくださった念いが魂に流れ込んできたようにも思えるのです。
 二十年間祈り続けられてきた宮は、やがて解体されてゆきます。二十年後にはそこにまた新しい宮が建てられることになります。これが千三百年間続けられてきた、我が国のならわし。二千年間途切れることなく祈りが捧げられてきた、世界で唯一の生きた宮。 神代の継承こそ、我が国日本の命と言えましょうか。
 これこそが、我が国の背骨、国体なのです。
 大東亜戦争に負け、二度と黄色い人種が白人世界に歯向かわないようにと、ワシらは歴史を捻じ曲げられてしまいました。何故なら、歴史を失った民族は必ず滅びるからです。
 祖国の成り立ちも、神話も教えられない国は、世界で日本だけです。その代わりに、自分の国は、悪いことをしたひどい国だと教え込まれました。
 祖国を誇ることのできない人間は、自分自身の誇りをも失ってしまうのかも知れません。目に見える豊かさのようなものの海の中で、毎年三万人以上の同胞が自ら命を絶ちます。まさに、魂の戦争をしているのが我が国と言えましょうか。 伊勢がダメになれば、日本がダメになる。日本がダメになれば、世界がダメになる。私は、お白石を持ちたいと願いましたが、それ以上に私にお白石を持つように願ってくださった力を私は信じます。
 「日本よ永遠なれ!」と祈りを込めて、お白石を置かせていただきました。
 伊勢の風が遍く国中に吹き渡りますように。
   (赤塚 高仁 赤塚建設㈱社長)