2013年8月

 三重歴史研究会は9月16日、9月研修会を開催するにあたり、参加者を募集している。
 今回は北海道の名付け親で知られる松浦武四郎記念館を訪ね、湯元榊原舘で研修、昼食、温泉浴で交流する。
 コースは8時45分~9時・津駅西口~9時15分・久居駅西口~9時半・松浦武四郎記念館~11時15分・榊原舘(榊の話)~12時・昼食と温泉、伊勢音頭教室~14時・会員研究発表~16時・久居駅~16時15分・津駅。
 申し込みは会員は郵便局振込用紙から振込(手数料無料)。会員以外は郵便口座番号00180─9─190255 三重歴史研究会へ振込(手数料有料)。当日不参加は返金不可。振込用紙にバスの乗車地(津駅または久居駅)を名前の後に記入。マイカーなど利用の場合はその旨を記入。締め切りは8月30分必着。
 問い合わせ℡&FAX059・358・0743市川さん。℡059・232・0631中村さん。

活発に意見交換する参加者たち

 先月30日、津市美杉町奥津にあるJR名松線・伊勢奥津駅隣の八幡地域住民センターで、同線の利活用を考えるオープンディスカッションが初開催された。主催は津市。
 同線は2009年の台風で被災したため現在、家城駅(白山町)~伊勢奥津駅間で運行停止中。15年度に全線復旧するが、沿線地域で少子高齢化が進んでいることもあり利用者が少ないため、地域住民や観光客に対する利用促進策が課題となっている。
 当日は、小学生や、三重高校・白山高校・三重短大の学生、地元のお年寄りなど90名が参加。まず、コーディネーターの伊豆原浩二愛知工業大学客員教授が、「名松線への想いを語ろう!」と題して講話。
 「名松線の上手な利活用には、皆で、〝楽しい〟などをキーワードに知恵を出し合うのが一番。その前段階として今日は、名松線を身近なものと考え、地域の皆さんが想いを作り上げてほしい」と語った。
 その後、参加者が、7つのテーブルに分かれ、伊豆原さんや市職員、学生などによる進行のもと、同線の活性化に関してディスカッション。
 自然豊かな美杉町はサイクリングコースとして人気があることから「自転車を名松線の電車内に載せられるようにしてほしい」「サイクリングのイベントを開いてはどうか」といった意見が出された。また、6・7月に同町内で行われた映画「ウッジョブ!」のロケの現場を保存し、同線復旧後の活性化に活かしたいなど多彩なアイデアについて積極的に話し合っていた。
 なお、このディスカッションは全3回。第2回は9月28日に一志農村環境改善センターで、第3回は11月30日に松阪市産業振興センターで開かれる。

 最近、ふと鏡を見ると自分の顔が暗く見えることがありました。
 ん?と目を疑っていましたが素肌の「くすみ」が原因のようです。年を重ねて代謝が落ち、肌のサイクルがうまくいかなくなると、くすみやシミ、シワが出てくるそうで…。友人の紹介でケンコウ薬局さんへ行ってみました。
 今、気になるくすみやシミだけに気をとられがちですが、本当はその原因を改善することで肌のサイクルも正常に近づき、くすみやシミの改善にも繋がるとお聞きして、とても納得できました。
 「助っと君」のサンプルを早速夜、メイクを落とし一番につけてみました。
 スゥ~ッと肌に入っていくのが分かり、少し肌荒れしていた部分にもしみることなく、安心して使えました。次の日の朝、肌が少しもちっとしていて「助っと君」の保湿力にも驚きました。
 来店した時に試飲した飲む美容液のお湯割りと、助っと君を続けています。飲む美容液のお湯割りを朝一番に飲むと身体がポカポカして、一日元気!
 肌はもちろん、いつも疲れが溜まりだるさがありましたが、それが改善され、身体の調子もとても良くなりました。
 いつまでも素肌と健康に自信が持てる自分でありたいですね♪

ケンコウ薬局

【住所】津市西丸之内24-13  地図はこちら     【TEL】059-224-1389(相談完全予約制)
【営業時間】AM9時~PM7時             【定休日】日・月・火曜

http://www.kigusuri.com/shop/kenkou/
http://www.dearmam.com/

[ 19 / 30 ページ ]« First...10...1718192021...30...Last »