2013年10月

ノルディックウォーキング講習会の様子

 津市片田長谷町の救護施設「長谷山荘」で、スキーのストックに似た2本のポールを使って歩くスポーツ「ノルディックウォーキング」を活用したリハビリウォーキング講座があった。
 ノルディックウォーキングは元々、クロスカントリースキーの選手が夏場のトレーニングとして行っていたストックを突きながらのランニングを一般向けに改良したものが発祥といわれている。両手に持ったポールを突きながら歩くことで効率の良い全身運動ができるだけでなく、足・腰の負担を和らげる効果もある。そのため、病院や高齢者施設でリハビリの一環として取り入れられており、確かな実績を上げている。津市では美杉町内の森林セラピーロードでノルディックウォーキングが楽しめることでも知られている。
 経済的に保護が必要な障害を持つ人達が暮らす同施設が、リハビリに取り入れようと企画した今回の講習会では、鈴鹿市にあるナガノスポーツ店の長野好博さんら3名がインストラクターとして指導にあたった。
 まずは同施設の職員らがノルディックウォーキングを体験しながら、ポールを使った基本的な歩き方やエクササイズのレクチャーを受け、その後、入所者たちもポールを手に笑顔でノルディックウォーキングを楽しんでいた。

 最近、ミトコンドリアが注目を浴びています。
 ミトコンドリアと長生き・ダイエット・健康などに関する本が多数出版され、アラ(アミノレブリン酸)とミトコンドリアの話題がNHKなどで何度も取り上げられています。実は私も、2カ月以上前から飲み始めたのですが、髪の毛の太さが変わってきて、寝起きも良くなり、やる気も出て少し気分的に若返ってきた感じもします。
 アメリカで行われた老化の比較実験では、えさにアラを入れて食べさせたサルと入れていないサルを20年以上飼育した結果、アラを入れて食べさせたサルは老化による脱毛も肌のしわも殆どありませんでした。
 また数人の女性の肌にアラを塗り続けるという実験では、2週間で肌年齢が、マイナス5歳~マイナス13歳という結果が出ていました。
 現在、数十人の方がアラを服用されていますが殆どの方に喜んで頂いております。
 ミトコンドリアが活性化するので、エネルギー生産が高まって平熱が上昇し、低体温が改善します。さらに、基礎代謝量が上がり痩せやすくなるので、体重が落ちて、身体が締まってきたと喜んで頂いた方もいます。
 肌の乾燥が改善し化粧ののりが良くなったという方もいます。本当に信じられないぐらいです。

ケンコウ薬局

【住所】津市西丸之内24-13  地図はこちら     【TEL】059-224-1389(相談完全予約制)
【営業時間】AM9時~PM7時             【定休日】日・月・火曜
http://www.kigusuri.com/shop/kenkou/
http://www.dearmam.com/

 ポテンシャルという言葉を知ったのは高校の物理の時間。重力のある場において、高い位置にある物体はエネルギーを持っている。それが位置エネルギー(ポテンシャルエネルギー)である。例えば、ダムにある水は落ちることで発電機を動かすことができる。これは高い所にある水が持つ重力による位置エネルギーを運動エネルギーに変えた結果である。
 そして、位置エネルギーは、物体のある高さと物体の質量に比例する。高ければ高いほど、重ければ重いほど、エネルギーが大きい。物理の先生はそうおっしゃった。
 ところで、最近よく聞くようになったポテンシャルという言葉は、潜在的能力という意味で使われる。ポテンシャルが高いということは、高くて大きなダムに水が満々とある状態のように、仕事をする力が潜在するということらしい。
 ポテンシャル採用という言葉も使われる。即戦力となるキャリア採用に対して、まだ何の仕事もできないけれど、潜在能力が高く伸びそうな人材を採りたいという意味だろう。そこでポテンシャルを高める方法はと考える。物体を持ちあげて位置エネルギーを増やすように、潜在能力を高めたかったらやはり勉強などの地道な努力だろうか。興味や情熱のような心理的要素が必要だろうか。結局、高そうに見せるテクニックが重要かもと考えてしまう私である。(舞)

[ 9 / 34 ページ ]« First...7891011...2030...Last »