津市は平成14年に開設した津市あのつ台の『津市地域情報センター』を来年6月末をもって廃止する案を市議会に上程している。県下初の情報拠点施設として開設当初は多くの人々に利用されてきたが、スマートフォンやタブレット端末の普及といった劇的なIT環境の変化で、その意義が薄れてきたのが理由。一方で市はセンター廃止後、特にサポートの必要な高齢者に重点を置いた施策を行うべく調整を進めている。

 中勢北部サイエンスシティの『あのつピア』1階にある「津市地域情報センター」。情報・交流・基地をキーワードに市民の情報活用能力の向上を目的とする県下初の情報拠点施設として、平成14年の4月24日にオープン。センターの整備には総務省と経済産業省による「先進的情報通信システムモデル都市構築事業補助金」を活用している。
 主なサービスは、無料でインターネットや文書作成・表計算ソフトなどが使えるパソコンを解放している「IT市民広場」、パソコン教室を開く際などに活用できる「IT研修室」(有料)、パソコンの基本的な操作方法を電話や直接アドバイスしてもらえる「ヘルプデスク」の3つ。
 開設当時は、まだパソコンやインターネットの普及率が低かったため、先進的な施設として多くの市民に活用されてきた。しかし、11年の歳月が流れる間に、スマートフォンやタブレット端末の爆発的な普及や、街中の至る所に無料の無線LANスポットが設置されるなど、ITを取り巻く環境が激変。それに伴いセンターの利用者は減少した。
 数字で見ると、IT市民広場の利用者数は平成24年度8122人に対して、平成24年度4315人、IT研修室は同年比で4263人に対し、2301人とほぼ半減。ヘルプデスクに関しても、高度な操作方法やスマートフォン・タブレット端末の操作に対する質問など、本来意図していたパソコンの初歩的な使い方をアドバイスするという位置づけからは、大きくかけ離れた質問が寄せられるようになっている。
 これを受け、津市は現状のセンターは役目を終えたと判断し、同センターのサテライトとしてアスト津に設置しているアスト情報センターを来年の3月末、地域情報センターを同年6月末に廃止する議案を現在開催中の市議会に上程中。それと同時に、新たな形で市民の情報活用力を育む施策の推進を進めている。
 近年では、ネットを通じ自宅にいながらでも買い物や様々なサービスを気軽に利用できるようになった反面、パソコンを上手く使いこなせないと不自由を感じる場面に遭遇することも多くなった。特に各種統計でもパソコン利用率が少ないという結果が出ている高齢者に対する施策は不可欠といえ、市も重点的に取り組む意向を見せている。
 まだ廃止の議案は議会で可決されておらず、各部との調整を進めている段階だが、現状の案としては、IT市民広場の代替には、各地域の公民館へのタブレット端末の設置。IT研修室の代替には、交通の便も良く日常から高齢者が集まる津センターパレスの津市中央公民館の情報研修室の活用を想定している。
 また、高齢者以外にも、情報技術に長けている子供たちがネットを通じた犯罪やトラブルに巻き込まれるケースが増えており、教育的な観点からも市民の情報活用能力向上は行政の責務といえる。めまぐるしい変化と革新を続ける情報化社会の姿を正確に捉えながら、時代に即した施策を展開していくことが求められているといえよう。