亀井大志さんとパートナーの馬「ヘヴンリィ」

 今年の干支・馬をパートナーとして活躍しているのが、学校法人高田学苑が運営する津市一身田町の高田高校1年生で馬術部に所属する亀井大志さん(16)。 昨年10月に催された東京国体の少年馬場馬術競技で見事、4位入賞を果たした。
 馬場馬術競技は、馬場内のコースで定められた様々な動き方をして、その正確さなどを競うもの。
 同部には厩舎や馬場など充実した設備があり、高田中学校・高校の生徒合わせて35名が所属。生徒は早朝や放課後、馬場での練習に励んだり、責任感を持って馬の世話を行っている。
 亀井さんは高田中学校入学時に、「この学校にしかないような部活がしたい」と同部に入部。努力家で、毎日、馬に触ったり声をかけて愛情を注ぎ、それぞれの馬によって異なる性格を理解しながら信頼関係を築いて、馬場技術や、障害馬術の技術を磨いてきた。
 今年7月、東京国体の東海ブロック大会に出場し、パートナーの馬「ヘヴンリィ」と人馬一体となった正確でダイナミックな演技を披露。見事優勝に輝いて本戦への切符を手にし、別の馬とともに挑んだ本戦でも、4位入賞という自身初の快挙を遂げた。
 亀井さんは喜びをかみしながら、「『ヘヴンリィ』の性格はビビリ。だけど集中力が高く、練習より競技会に強いです。東海ブロック大会で優勝したときはほっとしました。今年の国体では優勝したい。そして平成32年に開かれる東京オリンピックと、33年の三重国体にも出たいです」と馬とともに、さらなる飛躍を目指している。