NHK大河ドラマなどでお馴染みの「坂本竜馬」が机にもたれるようにして写っている肖像写真がある。これは、上野彦馬が長崎で開いた上野撮影局で撮影したもので、彦馬は高杉晋作や桂小五郎ら幕末から明治にかけて、志士をはじめ内外の著名人を撮影し、また、後進の育成に努めたことで「日本写真の祖」と呼ばれる人物である。
 この上野彦馬と鍬次郎が初めて出会ったのは安政5(1858)年、長崎の医学伝習所であった。
 堀江鍬次郎、諱は忠雍、号は公粛・松潭、後に通称を宗平と改名する。天保2
(1831)年、江戸藤堂藩染井の藩邸で津藩士堀江忠一の次男として生れた。
 9歳の時、雨で閉め切った雨戸のふし穴から差し込む光が、障子に竹の葉を逆さまに映し出す不思議を、父に尋ねたというエピソードが残っている。後に写真技術を研究することになる鍬次郎の未来を暗示しているようで面白い。 
 嘉永4(1851)年4月、兄が家を出て他家を継いだため、20歳で堀江家を継いで津藩につとめ、150石を給され、後に20石加増されている。やがて、津に戻った鍬次郎は藩校・有造館でオランダ語や西洋文化、技術、数学を学び、さらに、西洋の大砲を打つ技術を修得、嘉永9(1856)年、校長斎藤拙堂のすすめで、11人の若い侍たちと共に長崎へ留学することになる。
 鍬次郎は津、長崎、江戸の間を一生のうちに三度も往復し、天誅組の乱にも出征、武術は剣、槍、馬術、騎馬、西洋砲術を学び、築城、化学にも長じ、その間、大小姓、刀番、蘭学教頭、郷徴兵指揮の役職についている。
 鍬次郎の短い一生の中で、特筆すべきは長崎で当時最先端の西洋兵学、化学を直接オランダ人から学ぶという好運に恵まれたことであろう。これが舎蜜局必携著者の上野彦馬と結びつくことになる。
 安政4(1857)年、26歳の鍬次郎は幕府が開設した長崎海軍伝習所に津藩から西洋兵学を学ぶために派遣される。
 ここで彼は「騎兵砲隊築城諸項」を研究し、同時に、海軍伝習の一環として設けられた医学伝習所でオランダ人医師ポンペから舎密(セイミと読み、化学の旧称でオランダ語ではchemic)を習うことになる。
 運命的な出会いをした鍬次郎と彦馬は、密舎学を学ぶ蘭書の中に写真術についての記述を見つけ、関心を抱いた二人はそれに取り組み研究に没頭してゆく。
 カメラや薬剤の製造に取りかかったものの、硫酸やアンモニア、青酸カリの精製に悪戦苦闘し、その原料となる牛の血や骨の悪臭に奉行所へ訴えられたこともあったという。
 安政6(1859)年、フランス人の写真家ロシエが来日、長崎で撮影を行ない、二人はロシエに最新の写真技術を学ぶとともに、彼の持つ写真機の優秀さに驚嘆、時の藩主藤堂高猷に願い出て150両(現1000万円くらい)の大金で最新の写真機材一式を購入する。
 万延元(1860)年、長崎留学を終えた鍬次郎は彦馬とともに写真機一式を携えて江戸の津藩邸に帰り、藩主をはじめ数多くの人物を撮影し、写真師としての腕を上げてゆく。翌万延2年、参勤交代で高猷とともに津へ帰藩し、藩校有造館で蘭学や舎密学(化学)を教えることになる。そこで講義に教科書として、鍬次郎校閲、彦馬抄訳の「舎密局必携」前編3巻(中、後編、付録は未刊)を藩の援助で刊行する。
 当時、最先端化学技術を日本語で著わした貴重な研究書として、江戸や京都、大阪でも発行されたと史書は伝える。
 鍬次郎は「舎密局提携」の序文で、国を強くする手段として化学技術進歩の必要性を説き、また、化学技術は国を富ませる人々を新しい方向に導くものだと言及している。
 その後、彦馬は長崎に帰郷し上野撮影局を開業、日本初の職業写真館師となった。
 一方、鍬次郎は有造館で講義を続け、文久3(1863)年の夏、尊皇壤夷による武力蜂起「天誅組の変」に鉄砲隊を率いて出兵、大和の宇陀郡で西洋式鉄砲の威力を発揮させるなど藩士としての勤めも果たしたが慶応2(1866)年に、病に倒れ36歳の若さで帰らぬ人となる。常に「死んでも恩師につかえたい」と願っていた鍬次郎は、津市栄町・四天王寺、斉藤拙堂の墓に並んで葬られた。「君を知る人も知らぬ人も皆君の死を惜しんだ」と墓碑銘にある。
 毎年6月1日、写真の日には、三重県カメラ商組合の人々によって供養が営まれ、法要はもう50年以上も続けられているという。 (新津 太郎)

ジャズを熱唱する参加者

 8月31日、津都ホテル5階で、ウクレレ講師・河合一夫さんが指導する津中日文化センターの教室と、神奈川県にある教室のメンバーなど、120名による交流会が初めて開かれた。
 参加者によるステージ発表では、河合さんらのウクレレ演奏に合わせ神奈川県のフラダンサーが華やかな踊りを披露し、会場を大いに盛り上げた。続く弾き語りでは、観客が手拍子し、一体となって美しい音色や歌声を楽しんだ。
 さらに、同センターのジャズボーカル講座の生徒が「ザ・デイズ・オブ・ワイン・アンド・ローゼス」などを熱唱すると大きな拍手が送られた。最後は全員でNHKの震災復興支援ソング「花は咲く」を合唱。
 参加者たちは音楽を通じた交流を満喫した。

講演する大川吉崇氏

 8月28日、アストプラザのアストホールで農林水産省主催の和食文化〝再考〟シンポジウムが開かれた。
 昨年、政府が「和食 日本人の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産への登録を申請したのを機に、国民一人一人が改めて和食文化への認識を深め、次世代に日本全国の和食文化を維持・継承していくことの大切さについて考えるのを目的に、全国9カ所で催されるもの。食品業界・教育関係者や主婦など100名以上が来場した。
 最初に、学校法人大川学園理事長の大川吉崇氏による基調講演が行われた。
 大川氏は、「三重県の食生活と食文化」と題して、津や伊賀など県内各地域の雑煮や、馴れずしの具材や作り方などを写真を交えて詳細に紹介。それぞれの料理は、歴史や地形の影響を受けているとし、三重県は東西の食文化の混合地帯であると語った。
 続く事例発表では、愛知大学地域政策学部教授の印南敏秀氏が「例えばハゼは昔、愛知県の三河湾沿いなどで正月料理に使われ家族で釣りに行ったりしていたが、今は高級食材となり、中国から輸入されるようになった。里や山の食文化は継承されているが、海は大変な状況になっている」などと話した。
 次に、飛騨高山郷土料理・女性史研究家の神出加代子さんが、自らが編集した食や女性の歴史年表を紹介し、「食は時には人の気質や体質、歴史までも変えてしまう。郷土料理は、その地域の歴史・風土・暮らし方を凝縮したもの」と改めて食の重要性を語った。
 最後に県立相可高校食物調理科教諭の村林新吾氏が「高校生レストランは高校生が作っているから良いのではなく美味しいから来てもらえる。私たちは食の文化を守り、出汁をきちんととっている。インスタントの出汁は美味しすぎて食材の味が消えてしまう。
 戦後、2代分、食べることに必死で和食の文化を考える暇がなかった。若い子達に教える前に、教える人達自身が先輩から教わって勉強しなければならない」と話した。

[ 116 / 314 ページ ]« First...102030...114115116117118...130140150...Last »