趣のある伊勢本街道を案内する会員

 第11回目は、津市美杉町の3地区(伊勢地・奥津・多気)の住民23名でつくる「伊勢本街道を活かした地域づくり協議会」=結城實会長(81)=の部会の一つとして活動している『伊勢本街道美杉会』を紹介。
 同美杉会は平成15年、地域住民によって「みえ歴史街道みすぎ語り部研究会」として発足。当時は、町内のリゾートホテルの利用客向けの名所案内などで、地域の観光振興に貢献していた。その後、19年に名称を「みえ歴史街道美杉会」に変更し、21年に現名称になった。
 現在の会員は7名。大阪や奈良からの観光客や、大学生などを対象に、3地区を通る伊勢本街道をはじめ飼坂峠、北畠神社などを案内。歴史散策やウォーキングなど観光客らの目的に合わせて時にはユーモアを交えて話し、地元の魅力をPRしている。
 一方、会員を含め住民が高齢化し、地域の過疎化が進むなか、若い世代に地元の歴史を知ってもらうことや、いかに他地域から集客するかが課題になっているという。
  そんななか、昨年11月にあった美里中学校の遠足では初めてガイドを務め、奥津宿のれん街や美杉ふるさと資料館などの案内や、事前の出前授業を実施。子供達と交流しながら地域の歴史を伝える貴重な機会となった。
 また今春、JR名松線の伊勢奥津駅前に観光案内施設がオープンし、27年度内に同線が全線復旧するが、同美杉会では同線のPR・集客にも取り組んでいくという。
 結城さんらは「名松線が全線復旧したら美杉町内でイベントを開き、松阪方面の人にも列車に乗って来てほしい」と話している。
 同美杉会への問い合わせは結城さん℡059・275・0128へ。