岡本直之会頭

昨年11月に就任したばかりの津商工会議所の岡本直之会頭(67・三重交通グループホールディングス㈱代表取締役社長)へのトップインタビュー。津市の商工業や地域社会の発展という重要課題に向けて掲げる目標や、躍動感溢れる午年にふさわしい新年の抱負などを聞いた。 (聞き手=本紙報道部長・麻生純矢)

──新会頭としての目標を改めてお願いします。
岡本 昨年の就任記者会見でも誰からも選ばれるようなまちづくり、定住人口の増加、社会貢献活動の3つを目標として挙げさせて頂いた。最初の誰からも選ばれるようなまちというのは簡単なことで、働きたいし、それから住んでもみたいし、老後の生活もゆっくり送りたいということ。そういうまちに津をできたらと思うが、やはり、津市全体でもヘソの部分である中心市街地が大切。前葉泰幸市長の就任後、津センターパレスに津中央公民館、まん中老人福祉センター、障がい者相談支援センター、まん中こども館が移設され、施設の充実を図ってくれた。更に昨年、岡三証券のプラネタリウム付きのビルが完成。続いて、百五銀行が本店と営業部棟を、三交不動産も本社ビルの建て替えということで、たまたまそういう時期に当たっただけだが、これだけ中心部にできると、人の流れが変わる。新しい人の流れができるということは、新しいまちの魅力が増すということ。それには期待をしているし、そこに行政と地元の商店街の協力を得て、活性化を図れたら一番と思う。一応ハードは整ったので今度はソフト。その部分が大事。商工会議所の関係で言えば、地元の商店街と協力して人のにぎわいが出るような手助けができればありがたい。あとは、防災面。行政としては防波堤などをつくるようなことも進めていくと思うが、商工会議所としても、なにかあった時に企業のビルを防災ビルとして使って頂けるようにすれば良いのかなと思っている。そういうことをやれば、今まで以上に安心して、住めて仕事もできるようなまちになると思う。
2つ目の定住人口の増加については、私のように外から来た人間と違って、津に生まれ育った方々は意外と気付かないのだが季候が凄く温暖。更に海に川、山もあって自然にも恵まれている。榊原温泉という素晴らしい温泉もあるし、交通網は高速道路が名古屋・京都・大阪方面や、県内も南の方までしっかりできている。鉄道網も近鉄とJRが走っており、三重大学があり、病院も三重大附属病院を始め、民営の病院も充実している。うなぎや古いレストランを始めとする食文化もある。非常に良いところだし、定住人口が増える要素は沢山ある。後は、商工会議所として新しい企業を引っ張ってきたり、働き口を増やす一助になれたらと思っている。これから行政にお願いして保育所と高齢者用の施設を充実させていかなければと思っている。こうなれば最初に申し上げた定住人口は自然と増えて、みんなが住みたい、働きたいまちに繋がるように思う。
3つ目の社会貢献活動は御殿場の松林の保全活動をしており、ロータリークラブやライオンズクラブと一緒になって色んな貢献活動をやりたい。それに加えて、文化の発信をしたい。津城址・結城神社・津観音・高田本山・四天王寺など色々な名所旧跡もあるし、川喜田半泥子の名品も鑑賞できる石水博物館がある。そういう文化発信をやることも大きな社会貢献と思う。
それと津まつりを更に盛り上げたい。これは不易流行の最たるもの。元々、津八幡宮のまつりが大切に守られてきて、そこによさこいなどの新しいまつりをミックスされている。昨年も2日間で30万5千人が来場するなど、それだけの人が集まるのは凄い。昨年、私も初めて見させて頂いたが会議所として何かができないかと思ったのは、フェニックスと国道23号の間にあるビルのオーナーに、協力して頂いて、椅子を出して頂くとか1階と2階のトイレを提供して頂けたら、もっと祭を快適に楽しんで頂けるのではないかと思った。今の津の良さをPRするという意味も込め、社会貢献活動をしていきたい。この3つが新会頭として取り組んでいきたい目標。
──新年の抱負は。
岡本 それは先ほど掲げた目標を実現するための行動指針というか、モットーのようなもの。去年のクリスマスにあった昨年最後の記者会見でオバマ大統領が「2014年は行動の年にしなければならない」と仰られていた。実は新年の一般教書演説でも同じことを仰られていて、そこから思いついたのが、今年は午年で千里の道を疾走しなければならないから、スピーディーに行動するということをモットーに様々なことをやっていきたい。加えて、今までやってきたものをそのままやるのではなく、改善・改革というオーバーなものではないが、少しだけ新しいベターメントを求めてやっていく。抱負としてまとめると、スピーディーに行動をする、そして少しでも新しいベターメントを求めて、ということになる。     (次週につづく)

岡本直之会頭プロフィール
昭和21年12月29日生まれ。伊賀市出身。
県立上野高校から大阪市立大学商学部を卒業し、昭和45年に近畿日本鉄道㈱入社。
秘書室長などの要職を歴任。平成22年より、三重交通グループホールディングス㈱代表取締役社長に就任。
同年より津商工会議所副会頭、昨年11月に会頭就任。
平成23年より三重県経営者協会会長もつとめている。