炭水化物抜きダイエットの紹介をした本が巷に溢れていますが、炭水化物を取らないと即使えるエネルギーが足りなくなり、身体に必要なアミノ酸がエネルギーに変えられてしまいます。
 筋肉に沢山あるたんぱく質をアミノ酸に分解しグルコースを作り出します。たんぱく質を取れば良いかというとそうはいかなくて、筋肉を作り直さないといけないため、筋肉の少ない女性や中年以降の人は筋肉がどんどん減ってしまいます。
 東洋医学的に考えると筋肉と骨はお互い助け合っているので、筋肉が弱ると骨まで弱ってしまい骨粗しょう症を助長する可能性が出てきます。
 私はアミノレブリン酸を約半年飲み続けて、安全に身体が締まり軽くなってきました。最近、忙しくて運動もあまり出来ないのに、筋肉は減らずに強化されたような気がします。嬉しいことに髪の毛の量も増え、白髪が減ってきました。肌がしっとりして若返った、イライラしなくなり、性格も明るくなったという方もみえます。お客さんの体験を聞くと驚きの連続で、こんな素晴らしいものを是非、世の中に広めたいと願っています。
 アミノレブリン酸のサンプルを無料で差し上げます。4日分を飲むだけで寝起きが良くなるのを体験して頂けます。沢山ご用意しております。

ケンコウ薬局

【住所】津市西丸之内24-13  地図はこちら     【TEL】059-224-1389(相談完全予約制)
【営業時間】AM9時~PM7時             【定休日】日・月・火曜
http://www.kigusuri.com/shop/kenkou/
http://www.dearmam.com/

先月、津市美里町で行われたボランティアガイド研修交流会の様子

 日本観光振興協会が運営するサイト「全国観光ボランティアガイド」では、全国のボランティアガイド団体のデータ(昨年1月時点)が地域別に掲載されているが、津市は10団体あり、市区町村別に見ると、16団体の名古屋市に続き、全国2位の団体数を誇っている。
 同数2位が兵庫県神戸市と東京23区、山形県鶴岡市で、3位が9団体の石川県加賀市と奈良県奈良市。 
 このデータは、基本的に都道府県の観光協会による調査に基づくもので、様々な事情で掲載されていない団体もある。
 津市についても掲載されているのは一志町歴史語り部の会・芸濃ふるさとガイド会・河芸「江」の会・安濃ガイド会─草陰─・久居城下案内人の会・ときめき高虎会・一身田寺内町ほっとガイド会・安濃津ガイド会・美里ボランティアガイド会・谷川士清の会だが、実際には全14団体があり、市全域をカバーしている。
 ボランティアガイド先進地を目指してきた関係者の努力が、人口や面積などの規模で津市を上回る全国の観光地を押さえての2位に繋がった。
 ボラガイドのコーディネーターとして14団体が加盟する「津観光ガイドネット」の支援を行う山本晃さんは「これからは団体数より、各団体のガイドの人数を増やしたい。ガイドの皆さんに活躍して張り合いを感じてもらうためにも、多くの人に津に来てもらいたいです」と話している。

 みえ母乳の会=事務局・津市白塚町、井岡大儀事務局長=は16日(日)14時~16時、三重県総合文化センターフレンテみえセミナー室Aで学習交流会「トーク・トークパート5・お産・子育て」を開く。
 同会は、赤ちゃんの健やかな成長を願い、「母乳育児」を支援する専門家と一般市民でつくる。社会に母乳育児支援の輪を広げていくことを活動目的にする。
 これまでは母乳育児について話してきたが、今回はいろいろなテーマについて参加者達と語り、本音を聞こうと趣向を変える。参加無料、当日直接会場へ。
 問い合わせは井岡さん℡津233・0166へ。

[ 5 / 6 ページ ]« First...23456