番外編では、中伊勢温泉郷観光推進協議会の共通入浴手形=税別2千円=で日帰り温泉が利用できる名張市・伊賀市の温泉宿3ケ所を紹介する。ゴールデンウィークなどに少し足を伸ばして訪れてみては。(小林 真里子)

赤目温泉 山の湯 湯元 赤目山水園

 名張市赤目町の『赤目温泉 山の湯 湯元 赤目山水園』では日帰りで大浴場と露天風呂を利用できる。泉質は弱アルカリ性放射能鉱泉で、ラドンを豊富に含み、肌に優しい美人と健康の湯として好評だ。また、泊まりたいけど泊まれない方に〝0泊2食プラン〟など多彩なプランが揃う。  社長の小川貴司さんは、「名勝・赤目四十八滝のふもとに佇み、四季折々の優しい自然に包まれ、伊賀米・伊賀酒・伊賀牛などの特産物や旬の幸に恵まれた、一軒宿ならではの〝湯と味覚〟の湯宿です。時間を忘れて『ほっ』と一息、気ままな時間をお楽しみください」と呼びかけている。
 問い合わせはフリーダイヤル0120・375526または0595・63・1034へ。

伊賀のかくれ宿 湯元赤目温泉隠れの湯 対泉閣

 名張市赤目町の『伊賀のかくれ宿 湯元赤目温泉隠れの湯 対泉閣』の大浴場は、泡風呂を備えた「上忍の湯」と打たせ湯を備えた「くのいちの湯」があり男女日替わり。
 また四季のうつろいを愉しめる露天風呂もある。
 伊賀流忍者が修行の合間に入っていたと言い伝えられる温泉は、アルカリ性単純温泉で、疲労回復などの効能があり、赤目四十八滝の散策の後にも最適だ。
 常務取締役の玉置智也さんは「背伸びせず、真心を込めたサービス、おもてなしができるよう心がけています。ぜひ足をお運びください」と話す。☎0595・63・3355。 
 

 

メナード青山リゾート

 伊賀市霧生にある『メナード青山リゾート』の日帰り利用できる「香楽の湯」は、アルカリ性単純温泉。 この温泉には、湯に浸したハーブの清々しい香りが心を癒してくれる「香りの湯」のほか、高原の景色を満喫できる露天風呂、大浴場や、ミストサウナもある。
 特にお勧めの日帰りプランは、ミニフレンチと温泉が楽しめる「ミニフレンチコース」だとか。
 企画室課長代理の柳生 厚義さんは「標高6百mの高原で、四季折々の料理や景色がお楽しみ頂けます。共通入浴手形を持って、お気軽にお越し下さい」と話している。
  予約センター☎0595・54・1326。