津市香良洲町の香良洲神社=大河内重利宮司=で、27日、21日に執り行われた20年に一度の「式年遷座」に伴う『奉祝行事』が開催された。
 晴天に恵まれ、家族連れなど多くの人が来場。
 遷座に関連し昨年3月行われたお木曳き行事で「音頭さん」を務めた9名が、舞台で、遷座を祝う「納めの音頭」を披露した。
 これは、奉祝行事を一層盛り上げるとともに、次回のお木曳き行事でも「音頭さん」となる予定の人が歌い、町民らにじっくり聞いてもらおうと企画されたもの。9名が順番に迫力のある声で歌うと、観客は「ソーレ!」などと合いの手を入れて盛り上がった。
 これで今回の式年遷座の関連行事は全て終わり、町民の努力で守られてきた行事の伝統は、次代へ、しっかりと受け継がれた。