この夏も暑さが続き寝苦しい夜もありますが、冷房を使う時間が長いと冷房病になる可能性が高くなります。最近、そのような兆候がある方からのご相談が増えました。
 冷房病になると、朝が起きづらい、下痢や軟便(朝に多い)、昼間眠い、首筋がこる、喉が痛い、頭痛、だるい、やる気が出ない、頭がボーッとする、立ちくらみ、めまい、目の前が暗くなる、食欲の低下などの症状が幾つか出てきます。東洋医学では冷房病を少陰病と考えます。温度変化が大きいと少陰腎経が冷えて、少陰病になると基礎代謝が低下します。
 その他には熱中症気味で喉が渇き、冷たいものが欲しく、やたらだるいと言う相談もあります。
 冷房を28度設定にしても外気温が異常に高いと室温は30度近くなり、肌が汗ばみ、皮膚が無防備に開ききった状態で冷房の風に当たることで皮膚表面が冷えて、汗を充分かけなくなります。すると体温調節ができなくなり、熱中症にかかる危険性が増します。また皮膚に熱がこもりやすくなり急に湿疹ができたり、虫刺されやアトピーの症状が悪化したりします。
 このように中途半端な冷房は害があるため、冷房の設定温度はせめて26度以下にしましょう。冷房病と熱中症にも対処する漢方薬がございます。お気軽にご相談下さい。