10月26日の第3回『津ふるさと学検定』=津市観光協会主催=を前に、主管の「津観光ガイドネット」が検定の勉強をサポートするため、市内各地で、9月に6回、現地説明会を開く。
 この検定は、市民に市全域の歴史や文化など幅広い分野の知識を楽しみながら学んでもらい、郷土愛や連帯感を育むのが目的。
 現地説明会では、市内のガイド団体が集合場所周辺を歩いて案内する。9月の開催日時と集合場所は──▼13日9時~12時、美里町の辰水小前▼14日13時~16時、美杉町の伊勢奥津駅▼20日9時~12時、香良洲町のサンデルタ香良洲▼21日9時~12時、一志町の一志総合支所▼27日10時~12時、榊原町の榊原駐在所前駐車場▼28日9時~12時、白山町の白山郷土資料館。
 各回とも受付は出発時間の15分前から。小雨決行。
参加料は1回200円(資料・保険代)。申し込みは住所・氏名・電話番号・参加希望日を記入(一括申し込み可)し、葉書で、〒514─0009、津市羽所町700、アスト津2階 津市観光協会内「検定現地説明会」係へ。またはFAX津221・0811で同じ宛て先へ。締め切りは各実施日の10日前必着。
 問い合わせは同協会内の津観光ガイドネット☎津246・9020へ。

 みえ生涯学習インストラクターの会が主催する講座・みえ学「知略に満ちた城づくり~津とその周辺~」が8月25日(月)13時半~15時半、津駅北隣りのアスト津3階、みえ県民交流センターで開かれる。
 講師は三重郷土会常任理事の浅生悦生さん。中世の城と近世の城の違いや、城跡に秘められた思いもかけない秘略を発掘例をもとにわかりやすく解説する。
 受講料は300円(保険代・資料代として当日集金する)。
 申し込み締切日は20日(水)。
 申し込み・問い合わせは同会企画研修部☎&FAX津268・5232。

 津ロータリークラブ(岩鶴密雄会長)と神戸第一・第二自治会、神戸小学校児童らは3日、津市神戸にあるため池・新池にドジョウを放流した。
 津市内の里山・ため池の環境保全活動の一環で、在来魚であるフナやドジョウを放流することで、昔ながらのため池の生態系を保全すると共に、子供達の郷土愛を育むことも目的にしている。昨年7月、11月に続き、今回で3回目。
 朝10時、津市青少年野外活動センターに集合。冒頭、同クラブ環境保全委員会の黒川正機委員長が「過去2回にわたる皆さんの努力のおかげで魚達も定着している。これからも里山の景観に活気を与えてほしい」と挨拶。続いて注意事項などを聞いた後、事前に自治会住民らが草刈りするなどして綺麗になった田舎道を約20分かけて歩き、新池に到着した。
 子供達は一人ひとり、バケツに入れたドジョウを優しく池に放った。

[ 2 / 7 ページ ]12345...Last »