真福院の石鳥居

真福院の石鳥居

 チューブ交換も終わり、私の自転車のコンディションは上々。時計の針は16時前を指しているが、日も長いので、まだまだ走れる。この日の内に、津市最奥の地である美杉町太郎生まで行ってしまいたい。
 JR駅の伊勢奥津駅を出発した私たちは伊勢本街道をルーツとする国道368号を西へと進んでいく。  ここを直進すれば、あっという間に奈良県に入る。東京に向いて文化が発展する現代では、この辺りは紛れもない僻地となってしまった。しかし、都が奈良や京都にあった時代だと事情は一変する。山ひとつ向こうには文化の最先端があり東京が政治的な主導権を握った江戸時代においても伊勢本街道を通って、お伊勢参りに訪れる旅人たちで賑わっていたのだ。
 時の流れというものは、とてもきめの細かい磨き砂のようなものだと思う。撫でるように触れながら、ゆっくりとヒトやマチの姿かたちや営みを変えていく。透明な砂粒が磨き上げる次の100年後の世界は誰にも分からない。不安なことも多いが、だからこそ楽しいともいえる。
 眼前に広がる山里の風景を眺め、そんなことを考えながら、のんびりペダルを回し続ける。まっすぐ進めば、すぐに太郎生についてしまうので、国の名勝にも指定されている『三多気の桜』で有名な三多気の集落に寄ることにした。国道から最も近い道を行けばすぐに集落に入れたのだが、それでは面白くないと、田畑と林の間を縫うように走る道を選択。これが想像以上に大変だった。
 そんな我々の姿を見かけた畑仕事をしているご婦人は「その先、めっちゃ大変やけど頑張ってなぁ」と優しく声をかけてくれる。それほどではないだろうと高をくくっていた我々は、すぐにご婦人の忠告の意味を心と体で理解させられる。山の斜面を縫うように延々とつづく九十九折の坂道。出発時と比べると、、それなりに鍛えられてきたが、これを全て自転車で登り切るのは難しい。
 しばらく、自転車を押しながら、なんとか三多気の集落に到着。まずは、集落の最も奥にある古刹・真福院をめざす。
 桜の季節以外に、ここを訪れたのは初めて。満開の折には、この小さな山里に溢れんばかりの見物客が訪れる。その時の賑やかな雰囲気とは打って変わり、今は静けさが満ちている。だが、目をこらし、耳を澄ませば人々の営みや息づかいが感じられる。こういうものにどれだけ触れるかが、私たち地方記者にとって大切なのだ
 やがて真福院に到着。ここは真言宗醍醐派の寺院だが、最初に出迎えてくれるのがなんと石鳥居。明治の廃仏毀釈を経て、今では姿を消してしまった神仏習合を色濃く残した趣が大変趣深い。更に、石段を登っていくと参道には樹齢1000年以上と言われる県天然記念物のケヤキ巨木や、2本のスギがそびえ立っている。私たちは山門をくぐった後、少し小高い場所にある本堂を参拝。ペットボトルの水で喉をうるおしながら、しばし先程の疲れを癒した。(本紙報道部長・麻生純矢)