今年のNHK大河ドラマは黒田官兵衛(1546~1604)の一生が放映されて、中でもイケメンの俳優さんがやさしい笑みを浮かべた高山右近(1552
~1615)を演じています。ふと、この時代の人々の信仰は…と気になりました。
 時は安土桃山期から鎖国に到る頃です。日本人にとって、それまでのどの時代よりも海外との接触の多かった頃です。
 天文18年(1549)、はるかな海を越えて神・仏の日本にフランシスコ・ザビエルによってキリスト教が伝来しました。この信仰は日本中に広がり、キリシタン大名(大友宗麟、黒田官兵衛、高山右近、内藤如安、蒲生氏郷、等々)や百姓町人の庶民の信仰者が増えました。爆発的な広がりに豊臣秀吉、徳川家康はキリシタン禁教を開始し、高山右近や内藤如安は慶長19年(1614)にマニラに追放されています。古田織部は自刃するが、織部焼は残ります。後に藤堂高虎は京都の織部の屋敷と石造物をもらい受けて津に移しています。
 キリシタン大名の妻子、家中も信仰を共にしています。高山右近の妻である黒田ジュスタ、細川ガラシャ、松浦久信夫人らの話は有名です。戦いはいやです。平和な世の中を夢みて彼女達は祈りの中に生きたのです。島原の乱以降は鎖国へとなっていきます。
 江戸時代初期にはキリシタン達はきびしい弾圧を受けたために、密かにそして深く信仰は続けられ、摂津、伊勢、会津、九州で信仰は守られました。
 さて、津藤堂藩でこれらの遺物、遺跡がかい間見る事ができます。寛永年中(1624~1643)、三代藩主高次の時代、彼も他藩と同じく踏み絵で誓わせた人です。が、可愛い娘の父親でもありました。高次の四女、お石姫は信仰深く改宗しません。百石の池田権左衛門に預けていましたが、生まれつき体が弱く、四歳で亡くなりました。正覚寺(別称「赤門寺」津市西丸の内)には御殿の赤門を下げ渡して山門とさせました。西洋式の石棺です。幕府に気付かれないように、戒名は「香林院自性妙円大童女 四歳 寛永二十一年甲申歳八月二十四日 俗名御石」と記してあります。
 他に中島・鯰江事件があり、記録によると、寛永14年(1637)秋、上級武士二百石、中島長兵衛夫妻が城内式部倉の空地で逆磔付になり、息子二人が打首となっています。その二年後に上級武士三百石の鯰江九右衛門一家四人、職人、足軽等二十三人は塔世橋下流芝原で処刑されています。子供らは声高らかに祈り唄え信仰を守ったという。他に津城下では医者の道竹、研ぎやの長右衛門ら数人が処刑されています。キリシタンの子孫は天神様、荒神様に擬装を加えて信仰を続けていました。
 幕末期に禁教政策がゆるみ、慶応3年(1867)に長崎でキリシタン三三八〇人が発見され、津藩は浦上キリシタン一五五人を預かり、一志大三村に八三名、伊賀に五九名住まわせ村人は大切に接したといわれています。後に長崎に帰しています。ようやく、明治維新による「ご一新」でキリスト教開禁(1873)されました。
 今は津市木造町の引接寺、伊賀の西蓮寺、津市西丸の内の津カトリック教会などには切支丹灯籠マリア灯籠が、西古河町の国魂神社に織部型切支丹灯籠が残っています。大きな権力の中にあってもひそかにキリシタンの信仰が守られた形跡がわかり、美しい形でどこか心ひかれます。
 現在は平成17年(2005)に切支丹殉教記念碑がお城西公園に建立されて静かに歴史を語っているように思いました。
 世界では戦いに明け暮れる国々があったり、伝染病蔓延で大変だあという国があります。
 今日の日本の平和に繋がれるまでには幾多の戦いがありました。どの時代でも人は懸命に智恵を持ち、勇気と強い心で生きています。私自身も感謝と喜びと希望の念を大切にして人生を送りたいと思っています。(全国歴史研究会、三重歴史研究会及びときめき高虎会会員)