yoshiko3.jpg 今、日本人の加藤雄詞さんを中心に、地球上の70億人の方達に向けて戦争の無い明るいそして夢に向かってワクワクしている社会を目指して頂くという壮大な計画のお手伝いをしております。それも、一切の宗教や政治活動に関わることなく、そして派を作らず、民間の普通の経済人の一人として。
 肩書の有無や老若男女一切問わず、全ての人間を対象として、笑顔で明るい夢を持ち日々ワクワク夢中に人生を送る人創りの現在の輪に、あなたも参加して頂けたらと願います。
 では具体的にどんな人創りか?それは、IQ(Intelligence Quotient知能指数)とEQ(Emotional Quotient感情指数)とSQ(Soul Quotient精神指数)のバランスの取れた人を目指す事。日本人の場合IQが高い人はかなり多くいらっしゃいます(例えばワインのウンチクをいくら聴いても一緒にお酒を呑んでいて楽しくなければ何かが不足しているということでしょう)。
 しかし、どうも私達は生まれた時から家族・友達・先輩諸先生方達との出逢いによって色々な擦り込み・受け入れ・諦め・妥協を繰り返し、結果自らで考え方・思い方・行動を束縛してしまい、更に感情を表現する事が下手だったりも重なり、例えば、〝精神〟と聴いただけで〝宗教〟と勘違いや思い込む人がいたり…と。
  私の場合だと、小さい頃から親が〝お前は気が小さい〟と言えば気の小さい自分に自らで決め付けてしまい、友達から〝変な声〟〝変な言葉!〟と言われれば人前で話せなくなったり。
 その繰り返しでいつしか自分に自信が無くなり授業中に手が挙げられなくなり、赤面すらし、声も出なくなり…そんな風に決めつけた自分自身を何の疑いもなく気づかずに演じてきました。
 何を見ても、常に人と比較していたり、何でも自分が悪いのではと行動がギクシャクしたり。どうしようも無いネガティブシンキングでした。
 最悪なのは、そんな自分が当たり前だと思い込んでいましたし、知らず知らずの内に、決め付けや勝手な取り越し苦労をし、発言や発信を恐れてしまったり。何でも人、物、社会の所為って…。
 それでも何とか自分に自信をつけたくて、色々な資格(税理士、宅地建物取引主任者、カラーアナリスト、プロポーションカウンセラー、etc…)を取ったり、学びに行ったり、自己啓発本を読みあさり、とするうちに、自分は案外ポジティブだ!なんて逆に思い込んでみたり。
 85年も続いた老舗の菓子屋を3代目の私が閉めた事、親の力は借りたく無いと24年前に会社を起こした事、大病を患い鬱の状態になった事、主人との間で8年間も裁判を繰り返した事。そんな自分なのに三人の子供達が立派に巣立ってくれた事。全部周りに居る人達のお蔭様なのに、まるで自分一人で〝大変〟を背負っている様な勘違いをして生きて来た事。
  そして漸く、この人生の全てを掛けるに価値のある活動に出逢う事ができたのです。幸せの青い鳥は、全部自分の中にいる事に気づいたのです。
 真なる気づきは学問だけでは充分では無い事を知りました。本当に重要なことに気づかせてもらう事が出来たのが加藤雄詞さんの講演との出逢いでした。この気付きは与えられるだけではなく、如何に実戦で今の人生に具体的に活かすかまでを学ぶ事の出来る他に類のない活動ですが、私の体験をもって皆様にもお勧めしたいチャレンジです。
 (たんたらホイ会エンジョイ三重)