津市美杉町太郎生1878─2にある滞在型市民農園「城山クラインガルテン」が国の支援を受け、全27棟に薪ストーブを設置。田舎暮らしの魅力をアップさせ、二地域住居を考えている都市部の住民の利用促進を狙っている。
  同施設は98年5月、旧一志郡美杉村時代にオープン。ホテルのように宿泊するのではなく、ラウベ(休憩施設)付き菜園を年間使用料を支払って借りる方式。都市部の住民が、家族やグループで週末に雑踏から抜け出して自然の植生や鳥のさえずりが聞こえる田舎に出向き、家庭菜園を楽しむというもの。
 農水省の「山村振興等農林漁業特別対策事業」を利用し、国、県、旧美杉村と地元の農家9名の共同出資会社「美杉倶留尊高原農場」が出資。総額2億円で完成させた。
 1区画平均60㎡の農地と美杉産の杉材でつくられた菜園付きのラウベ(約43㎡。キッチン、バス、トイレ完備で、1階に1部屋と寝室として使えるロフトがある。水は専用の井戸水を使う)がセットになっている。
 薪ストーブの設置は、「太郎生の美しい棚田・里山を生かした地域づくり推進委員会」=水井達雄会長、会員17名=の活動の一環。里山整備で伐採した木材などを資源再生可能エネルギーとして活用し、同クラインガルテンの魅力アップを図ると同時に、薪を定期的に販売するなどで、所得向上と雇用促進に繋げるのが目的。農水省の「平成25年度都市農村共生・対流総合対策交付金事業」を受けている。
 現在、利用者を募集中。ちなみに1区画の年間使用料は税込み52万5千円。
 今回、薪ストーブ設置を機に「田舎暮らし体験会」も開催する。日時は1月24
日・25日・31日・2月1日・7日・8日・14日・15日・21日・22日。当日は薪ストーブ体験や施設見学、地域の自然資源の紹介などがあり、田舎暮らしの魅力に触れることができる。
 参加希望者は☎273・0770、FAX273・0772・メールinfo@mie-inaka.comで連絡後、9時~16時の間に参加。
 問い合わせは事務局・美杉倶留尊高原農場☎059・273・0770へ。