「また地震!今度はどこ?」ニュース速報で流れる緊急放送に思わずドキッとしてしまう。東海、東南海、南海地震が連動して発生したのは一六〇五年、一七〇七年のこと。一七〇七年は宝永地震といわれ富士山が噴火し宝永山ができた。
その二年後に谷川士清が生まれていることから、しっかりと覚えた。
日本は火山帯の上に位置しているから火山の噴火や地震はいつ起こるかわからない。両者の関係を武蔵野学院大学特任教授、島村英紀氏が次のようにコメントされていた。「過去に大地震がおきると地震の一日後から五年くらい後までに半径六〇〇~一〇〇〇キロ以内の複数の火山が噴火しています。これは本州が覆われるような範囲で、これからも日本列島のどこで火山件の噴火件が起きても不思議ではない」。
記憶に新しい火山噴火は二〇一四年九月二七日の御嶽山(長野県)で山頂付近にいた登山客がまきこまれた。他には、二〇一五年五月二九日に口永良部島(鹿児島県)新岳が噴火し全島民が屋久島に避難した。同年六月一九日には浅間山が噴火している。
活火山の代表、阿蘇山に私は数多く思い出がある。最初に訪れたのは津校生であったときの修学旅行。恐る恐る火口をのぞきこみ、友と雄大な景色をバックに笑顔で写真に収まった。
高校教師になってからは、二年の担任になる度に訪れ、他の場所より神経を使って生徒を引率した。初年度、事前調査もしていたのに、幼児期に軽い喘息になった生徒が発作をおこし、クラスは副担任に任せ保健の先生と病院へかけこんだ。幸い発作は収まったが、その後、軽い喘息でも経験者は待機するよう規則を厳しくした。草千里で寝そべって流れる雲を見るなんて完全に夢であった。退職してからやっとのんびり阿蘇を訪れ、火山国の恩恵、温泉へと足を運んだ。
日本人は何度も大噴火や大地震にあいながらも、生活を建て直し美しい景色を取り戻す努力をするすばらしい底力を持つ民族と言える。火力発電を地震国日本に作るとは自然をあまりに甘く見ている。
さて、わが敬愛する谷川士清は日本で初めて五十音順に並んだ辞書『和訓栞』を書いた人で一七〇九~一七七六年に生きている。その間大地震や火山の大噴火はなかったようだが、『和訓栞』に次のように記してあった。
あさま…絶頂に大坑あり径十町はかり常に煙立のぼりて硫黄の気あり大焼の時八五七里か間鳴動し茶碗皿鉢の類も響きて破るる事あるといへり…
あそ…この阿蘇ハ肥後の阿蘇山也桓武紀に肥後言阿蘇山神霊池水涸甘餘丈と見ゆ…
おんだけ…俗に木曾の御嶽をかくいへり富士浅間にならふ高山なり…
『和訓栞』は全九三巻を前編・中編・後編に分け、それぞれ「アからオ(ヲ)」まで載せてある。前編は古言と雅語中心、中編は雅語中心、後編は方言、俗語、外来語が中心である。「あそ」は前編に、「あさま」と「おんだけ」は中編に載っていた。
当時は出版費用が非常に高く、士清は自分が死んだあと、子孫の人たちがお金の工面がしやすいようにと配慮したのであろう。
子孫は百十年かけ、すべての財産をつぎ込んで明治二十年に全巻を出版し終えた。谷川士清旧宅は津市教育委員会が管理し、月曜日休館、入場料無料で公開している。ぜひ訪れて郷土の偉人の業績を知っていただきたい。旧宅☎059・225・4346
(谷川士清の会顧問)