朝、家のまわりを掃除して車庫の前まで行ったら、通りに、ガマガエルが車に轢かれて死んでいました。前日の夕方は見かけなかったので、多分、前夜か早朝にやられたにちがいありません。この炎天下、ほっておけばやがて干からびて土ほこりになって消えてしまうことでしょう。
でも、あわれといえばあわれです。それに車庫の前というのも気になります。そこで、そのガマガエルの亡骸をきれいな白い紙袋におさめて、少し離れた市有の空き地まで持って行き、朝露にぬれた夏草の根元にていねいに葬ってやりました。
たかがこれしきのこと…、です。ところが私にとって、ガマガエルにはいささか因縁めいた思い出があるのです。私の父は、陸軍法務官として支那事変、太平洋戦争に参加し、長く中国各地、ビルマなどを転戦しました。
その間、かの地で得たマラリアが悪化して、終戦の直前に内地の陸軍病院に送還され、終戦を迎えました。終戦後は、郷里(現在の紀北町)に帰ったものの、戦地から持って帰った病が進行して、昭和23年4月に42歳で亡くなりました。私は13歳でした。
母から聞いた話です。帰郷して治療中だった父が頭痛に悩んでいたある日、ガマガエルが父の夢に現われたそうです。ガマガエルが言うには、「おれを殺して黒焼にして飲むがよい、そうしたらお前の頭痛がおさまる」と。
ガマガエルには、目の後ろに細長い耳線があり、有毒な液を分泌することがわかっています。中国では、この耳線からの分泌液を集めて乾燥し、薬として強心、鎮痛、解毒などに用いるそうです。父は、このことを中国にいたころ知って、頭のどこかに残していたのかも知れません。
私には、直接的な父の思い出は薄れてしまってほとんどありません。それなのに、母から聞いていた父が見た夢の話は、数少ない父の思い出の中に残っています。あの日の朝、ガマガエルの哀れな姿を見た時、この夢の話を直ぐに思い出しました。
ついでながら、「ガマの脂」で知られるガマガエルの標準名は「ヒキガエル」です。でも、ガマガエルというほうが何だかとおりがよさそうです。近づいても動じることなく悠然としている姿には、ある種の貫祿を感じてしまいます。年々生息環境が狭くなり、まち中で輪禍にあったりするのは、彼らにとっては気の毒なことと言わねばなりません。
サン・サーンスの作品に「交響詩《オンファールの糸車》」という曲があります。珍しい曲名にひかれてCDを買ってきました。糸車の回る音を巧みに表現した面白い曲です。ところが、あの日の朝以来、私には糸車の回る音がガマガエルの鳴き声に聞こえるのは不思議です。

(元・三重県総合文化センター副総長兼文化会館長)

朝、家のまわりを掃除して車庫の前まで行ったら、通りに、ガマガエルが車に轢かれて死んでいました。前日の夕方は見かけなかったので、多分、前夜か早朝にやられたにちがいありません。この炎天下、ほっておけばやがて干からびて土ほこりになって消えてしまうことでしょう。
でも、あわれといえばあわれです。それに車庫の前というのも気になります。そこで、そのガマガエルの亡骸をきれいな白い紙袋におさめて、少し離れた市有の空き地まで持って行き、朝露にぬれた夏草の根元にていねいに葬ってやりました。
たかがこれしきのこと…、です。ところが私にとって、ガマガエルにはいささか因縁めいた思い出があるのです。私の父は、陸軍法務官として支那事変、太平洋戦争に参加し、長く中国各地、ビルマなどを転戦しました。
その間、かの地で得たマラリアが悪化して、終戦の直前に内地の陸軍病院に送還され、終戦を迎えました。終戦後は、郷里(現在の紀北町)に帰ったものの、戦地から持って帰った病が進行して、昭和23年4月に42歳で亡くなりました。私は13歳でした。
母から聞いた話です。帰郷して治療中だった父が頭痛に悩んでいたある日、ガマガエルが父の夢に現われたそうです。ガマガエルが言うには、「おれを殺して黒焼にして飲むがよい、そうしたらお前の頭痛がおさまる」と。
ガマガエルには、目の後ろに細長い耳線があり、有毒な液を分泌することがわかっています。中国では、この耳線からの分泌液を集めて乾燥し、薬として強心、鎮痛、解毒などに用いるそうです。父は、このことを中国にいたころ知って、頭のどこかに残していたのかも知れません。
私には、直接的な父の思い出は薄れてしまってほとんどありません。それなのに、母から聞いていた父が見た夢の話は、数少ない父の思い出の中に残っています。あの日の朝、ガマガエルの哀れな姿を見た時、この夢の話を直ぐに思い出しました。
ついでながら、「ガマの脂」で知られるガマガエルの標準名は「ヒキガエル」です。でも、ガマガエルというほうが何だかとおりがよさそうです。近づいても動じることなく悠然としている姿には、ある種の貫祿を感じてしまいます。年々生息環境が狭くなり、まち中で輪禍にあったりするのは、彼らにとっては気の毒なことと言わねばなりません。
サン・サーンスの作品に「交響詩《オンファールの糸車》」という曲があります。珍しい曲名にひかれてCDを買ってきました。糸車の回る音を巧みに表現した面白い曲です。ところが、あの日の朝以来、私には糸車の回る音がガマガエルの鳴き声に聞こえるのは不思議です。

(元・三重県総合文化センター副総長兼文化会館長)