〽虫の音を止めて嬉しき庭づたい
開くる柴折戸桐一葉 えぇ憎らしい秋の空
月はしょんぼり雲がくれ

虫たちの声が涼しさを運び、やっと夏の暑さから解放され、庭の秋草も色めいて、秋の気配を感じる季節になりました。
私は小唄と三味線を教えさせていただいておりますが、秋の季節がまいりますと、この虫の音をどなたかにお教えしたくなります。 小唄は俳句と同様、大変季節を大切にいたします。この唄は明治中期に作られた代表的な江戸小唄の一つで、歌詞も作曲も整った小唄ですが、作詞、作曲者は共に不明です。
秋の夜、庭づたいに、たずねてゆく、色気のある情景が、まことに調子よく、歌詞にも曲にもあらわれております。秋虫の音は、鈴虫、松虫、くつわ虫、こおろぎでしょうか、庭草に涼しく集く虫の音を、止めさせないように、静かに草むらをよけて、庭石づたいに歩いてゆくと、そこに柴折戸があって、そっと開くと同時に、桐の一葉がはらりと落ちるあたり、秋の夜の情景が遺憾なくこの小唄にあらわれております。折角忍び足でたずねていっても、主は不在だったのでしょうか、「えぇ憎らしい秋の空、月はしょんぼり雲がくれ」と結んで、淋しい落葉の秋にことよせた恋の唄でございます。
次に江戸時代初期に作られました、東海道の鈴鹿峠(三重県と滋賀県に跨がる)を往来する馬士達によってこの地に、古くから唄われております鈴鹿馬士唄を御紹介いたします。

〽坂は照る照る 鈴鹿は曇る
間の土山 雨が降る
この「坂はてるれる」の坂は鈴鹿峠の南麓の坂ではなく、土山に次の宿「松尾の坂」だといわれております。当時、松尾の坂から土山へは、下り坂になっていたので、馬士達は京都の客を水口から、松尾の坂を下って、土山にかかり、それから鈴鹿峠へとかかる所を唄ったものだと思われます。
そしてこの唄の意味は、松尾の坂を下る時は、かんかんに晴れていても、鈴鹿峠はいつも曇っていて、その間にある土山は雨の名所といわれる名の通り、雨が多いという唄でございます。この馬士唄は芝居小唄の中や、人形浄瑠璃、地唄にも多くとり入れられ、唄われております。
小唄の内容には、季節を唄ったもの、恋心、男女の機微を唄ったもの、田舎唄など様々でございます。一分から四分位の楽曲として、表現されており、短い曲の中に、伝統的な邦楽のエッセンスがギュッと凝縮して入っております。
私はこれから少しでも、多くの皆様が小唄に興味をお持ちいただけるよう、お役に立てればと願いながら、大好きな小唄を伝えていきたいと思っております。
(小唄土筆派三代目家元)