今年は腸と肺の調子が悪くトラブルを起こす方が、多いようです。
相談にも、腸が弱ることで、栄養の吸収がうまくいかず食べているのに痩せてくる、筋肉が弱り腰・膝が痛いなど関節の故障も多いです。また、子供も筋肉が弱っていて運動中のケガも多く、頸椎や腰椎を痛めてスポーツを休まざるを得ないと言う話をお聞きします。
これを治すためには、腸の働きを回復させて栄養の吸収を良くするか、アミノ酸製剤を飲んで頂くと良くなります。腸を治すと言っても簡単なことではなく、時間をかけて食生活も見直さなければいけないでしょう。
最近の研究で、腸は消化だけでなく腸管免疫や脳との関連も言われるようになって来て重要性は増すばかりです。腸管免疫が低下すると風邪だけでなく、がんや糖尿病、老化促進、うつ、肥満、認知症などになる可能性が高まると思います。
腸に良い食べ物は、食物繊維が多い物、発酵食品(味噌、漬物、しょうゆ、納豆、塩麹など)、ネバネバ食品(山芋、なめこ、納豆、めかぶ、オクラなど)、オリーブ油、緑茶などがあります。
適度な運動、ストレスをなるべく溜めない、腹式呼吸で自律神経を整えるのも良いでしょう。便秘もほっておかないで、自力で出るようにしましょう。なかなか治りづらい時はご相談下さい。

ケンコウ薬局  ☎059-224-1389