2015年11月

加井野会長(右)から縄手会長へ福祉巡回車の鍵を贈呈

加井野会長(右)から縄手会長へ福祉巡回車の鍵を贈呈

津市桜橋の三重県社会福祉協議会で4日、一般社団法人『生命保険協会 三重県協会』(会長=日本生命保険相互会社・加井野重人津支社長)が、桑名市・伊賀市・度会町の社会福祉協議会へ、福祉巡回車を各1台ずつ寄贈した。
同協会が地域社会への貢献を目的に行っている取り組みの一環で、平成3年から毎年、県内の社会福祉協議会を対象に行っているもの。これまでの総台数は、今回を含めて77台になる。
今年の寄付には、5月から7月に加盟20社の社員約3000人から募った浄財が活用された。
なお同協会では、県内の介護福祉士を目指す学生を奨学金によって支援する事業も行っている。
加井野会長は「地域の社会福祉の一助になればと思います。ご活用して頂ければ」と話した。続いて、度会町社会福祉協議会の縄手一郎会長が代表で加井野会長から福祉巡回車の鍵を受け取り、「福祉活動に有効に、また大切に使うことをお約束します。誠にありがとうございました」と謝辞を述べた。

体験教室の教室

体験教室の教室

1日、津市高茶屋小森町のイオン津南ショッピングセンターサンバレーで津市PTA連合会主催の文化祭が催された。
会場には、津市内の小中学校18校で同連合会の文化教養委員会が開いた様々な教室で作製したプリザーブドフラワーやポーセラーツなど約300点を展示。各校の取組みの成果である多彩な作品を来場者が楽しむだけでなく、会員たちもお互いに刺激を受けていた。さらにジェルワックスデコやしめ縄リースの体験教室もあり多くの来場者が訪れていた。
同連合会会長の森崇さんは「各校のPTAの皆さんが楽しみながら活動していることを感じて頂けたら」と話していた。

▼布っていいね。=~29、県総文アートショップMikke
▼第21回『やなぎグループ』洋画展=~15、NHK津ぎゃらりー
▼いとうえりこ天使人形展=12~17、VOLVOX
▼第18回三重さをり仲間展=12~15、岩田川久画廊
▼編庵・冬のニット展=17~23、ギャラリー集
▼スポーツフェスタ(スポーツ用品販売)=12~15、メッセウイングみえ
▼第38回寒蘭展=14~15、サンワーク津
▼財津和夫コンサート=14、県総文大ホール
▼歌謡まつり=15、農業屋コミュニティ文化センター

[ 19 / 28 ページ ]« First...10...1718192021...Last »