2015年11月

毎年盛り上がる大門将棋大会(街の駅だいもんで)

毎年盛り上がる大門将棋大会(街の駅だいもんで)

津市大門大通り商店街振興組合は11月14日(土)13時から「第4回・蘇れ!大門将棋大会」を開く。現在参加者を募集中。主催=同組合、共催=(公社)日本将棋連盟津友の会支部、後援=津市。
かつて津市の商業の中心地だった大門商店街に往年の活気を取り戻そうと同組合が取り組む活性化策の一つ。春の「津・大門のおひなさん」や、夏の「だいたて夜店」と並ぶイベントとして力を入れているもので毎年、多くの参加者が集まり賑わう。
今回の会場は津観音前の「街の駅だいもん」で12時10分から受付開始。試合時間は13時~17時(予定)。
参加費は大人(高校生以上)500円、小中学生300円。市内外問わず誰でも参加可能。
区分は、A級(希望者)・B級(級位者)・C級(子供)。試合方法は4対局のスイス式トーナメント(持ち時間30分切れ負け)。各クラス1位から3位には賞品を授与。また、腕に自信の無い人でも楽しめるよう商店街に「縁台将棋」も設置する(無料。申込不要)。
参加申し込みなど詳細は同組合☎津223・0090へ。

自分たちの才能をステージで発揮してみよう!

自分たちの才能をステージで発揮してみよう!

ステージで自分自身を表現してみませんか!
「たんたらホイ会」は来年1月24日(日)、津リージョンプラザお城ホールで開く「たんたらホイ!フェスVOL22 ENJOY!Music&Dance&パフォーマンスin三重ver」への出演者を募集している。開場13時~、開演13時20分~、表彰式18時半。
ジャンルは、演歌・ポップス・ロックなど不問。発表形式はコーラス・ピアノ演奏・歌・ダンス披露・ギター演奏など自由。一人でもチームでも可能。1チームのパフォーマンスは入退場含めて8分間。
賞は三重県知事賞、三重県教育委員会賞、津市長賞、松阪市長賞、伊勢市長賞など。入賞した人(チーム)には副賞あり。
応募条件は、事務手数料1組1000円、本番決定者のみ出演料5000円(但し、本番出演者は全員入場料が無料になる)。申し込みはメールinfo@airspace-watermoon.comまたは、FAX045・264・4982へ連絡先の住所・氏名などを送ると振込用紙が届く。
応募締切りの11月23日(月)までにDVDを郵送(〒514─0028、津市東丸之内18─8、たんたらホイ会エンジョイ三重)、またはユー・チューブにリンクした動画をアップする(リンク先は問い合わせ)。
問い合わせは宮田さん☎059・226・0005。

お天気が良かったので、昼休みに外へ出て、青くて高い空を見上げた。飛行機が一機東へ向いて進んでいくのが見えた。飛行機の少し後ろに飛行機雲ができていく。
目を移せば、同じ方向に何本かのまっすぐな雲があった。セントレアへ向かう飛行機が同じ航路を飛ぶからだろう。時間の経った飛行機雲は広がって、のこぎりの歯のようなぎざぎざになっている。
大きな青い空の半分ほどを飛行機が原因の線状の雲が占めており、残りの半分ほどに圏雲が散っている。白い絵の具の刷毛で、薄く筋を描いたような雲。秋の雲だ。
カメラを持ち出して、空に向けた。今日の雲は今日だけの雲。明日また見ようと思っても見ることはできない。またたく間に雲は姿を変えて行く。一期一会の雲。
雲の魅力の一つはそのはかなさにある。あるかと思えば流れ、形を変え、消えていく。移ろう雲を見ていると流れる時間を忘れてしまう。
しかし、ふと我に返れば、雲の流れより速く時が過ぎ去っている。まさに「我が身世にふるながめせし間に」。いつのまにこんなにも年を取ってしまったのだろう。雲を見る時間は、日々の雑事から離れて、自分を振り返る時間にもなる。
こんなきれいな雲の日は空を見上げるだけで幸せになる。明日も明後日も、空を見上げよう。          (舞)

[ 23 / 28 ページ ]« First...10...2122232425...Last »