ご相談を受けていると時々、マイナス思考が染みついている方がみえます。このような人はいつも自信がなく、何事に対しても良くないことばかり考えるので、自分の運気も下げてしまいます。
原因の一つは精神的なパワー不足だと私は考えています。例えば脳内物質のセロトニンが不足すると、やる気が無い、鬱状態になったりします。
セロトニンの材料となる栄養素「トリプトファン」「ビタミンB6」のうち、トリプトファンを特に多く含む食品は鰹、高野豆腐、湯葉、大豆、黄粉など。ビタミンB6は、唐辛子、にんにく、バジル、パセリ、ピスタチオなどに多く含まれています。また朝起きた後に朝日を浴びる、腹式呼吸、感情表現を豊かにする、家族、友達、恋人、動物などと触れ合うと、セロトニンの分泌が活発になるそうです。
このほか、「アミノレブリン酸を飲んでいると頭が冴え、記憶力が向上した」「長く続けていると性格が明るくなった、イライラしなくなった、前向きになった、よく笑う」などの体験談が集まっています。おそらくアミノレブリン酸によりミトコンドリアが活性化されて代謝が良くなり、セロトニンを沢山作るようになったためでしょう。