飼育した辻原さんと優等一席を受賞した「やすにし号」

飼育した辻原さんと優等一席を受賞した「やすにし号」

松阪肉牛〝七保和牛〟の女王を決める『第11回大紀町七保肉牛共進会』が13日、同町野原のJA伊勢大宮支店野原肉牛集出荷所であった。主催=同町七保肉牛共進会。
同共進会は旧七保村、旧大宮町から数えて今年で61年目。今年は七保和牛部会の肥育農家15名が未経産牛60頭を出品した。
審査委員長の三宅健雄・県畜産研究所大家畜研究課主幹研究員らによる厳正な審査の結果、最高賞の優等賞一席には、辻原浩哉さん肥育の「やすにし」号670㎏が輝いた。辻原さんの最高賞受賞は初めて。
辻原さんは、「父親から農家を引き継いで、今回初めて一席をとることができた。本当に感無量です。この牛は会場に持ってくるまで自信があったが、他の出場牛を見てからは、正直、〝負けた〟と思っていただけにラッキーだった。夏場の暑い時期にいかにしてエサを食べさすか、体調管理に気を遣った」と笑顔で喜んでいた。
審査委員長の三宅主幹研究員は「、体の幅が前から後ろまで広く、深み(体の高さ)もあってボリュームを感じられる。体重が重いが、体高も抑えられて松阪牛らしい仕上がりになっている」と評価のポイントを解説した。
今年も出品された牛を全頭購入した津市北丸之内の精肉店、朝日屋の香田佳永社長(54)は、「例年と同じく粒ぞろいだった。飼育農家もこの大会(共進会)をたいへん楽しみにしている。これからも安心・安全な松阪肉をお客様に届けたい。お正月の料理としてすき焼きにして楽しんで食べて頂けたら」と、今年の一席の牛を見ながら、出来栄えを語った。
なお、この60頭は、12月17日から朝日屋で開催される「名牛まつり」で販売される。

三重大学の持つ知識を一般と共有しようと各分野の専門家を招き隔月ペースで開いている津市・津市民文化祭実行委員会主催の三重大学シリーズ、第64回文化講演会?「発見塾」が11月21日(土)13時半~、津リージョンプラザ健康教室で開かれる。主管=津文化協会。後援=同大学、本紙。
今回の講師は同大医学部看護学科教授の磯和勅子さん。演題は『介護予防と防災対策のための健脚づくり~ゴムバンドによるはつらつ健脚運動~』。
「加齢に伴い身体機能と認知機能は低下します。現在、高齢者の6人に1人が介護認定を受けており、その原因の6割は、脳卒中、認知症、骨折・関節の病気です。これらの病気は、日々のちょっとした健康習慣で予防でき、特に運動の効果が期待できます。また、高齢者は身体機能の中でも足腰の筋力が低下しやすく、閉じこもり、寝たきりの原因になっています。今回は、介護予防と防災対策に役立つゴムバンドを使用した簡単で効果的な健脚運動の方法について話します」と磯和さん。入場無料、事前申込み不要。直接会場へ。
問い合わせは辻さん☎090・1236・1144。

過活動膀胱とは、頻尿や尿失禁の分野における新しい診断名です。
患者は日本で推定約810万人とされ、年齢と共に増加し、70歳以上では3割以上の方がかかっているようです。しかし治療を受けている人は70〜80万人ぐらいで、多くの人が年齢のせいと諦めたりして悩んでいます。
しかし、東洋医学的に考えれば、それほど難しい事ではなく、下半身が冷えることで膀胱に尿をためられなくなって頻尿になります。その方に合った漢方薬を飲めば改善し、トイレの心配をせず日常生活を快適に過ごせるようになっています。
原因の多くは、下半身の冷えによって膀胱も冷え、尿は成分のほとんどが水ですから水は冷えると言うことで、いち早く膀胱から出したくなり、膀胱が収縮し排尿が促されることです。
それで待ったなしに排尿せざるを得なくなり、我慢をしてしまうと膀胱炎になったり、腎臓も傷めます。頻尿ぐらいと思わないで治すことをお勧めします。
腎臓、膀胱は老化とも関係がありますから、下半身を温めることは若返りにも関係します。
それから、ご自分で出来るのが骨盤底筋という内筋を運動で鍛えることです。筋肉が強化されて背筋が伸び若々しくなりますし、筋肉が増えると温まりやすくなるので、一挙両得です。

ケンコウ薬局  ☎059‐224-1389へ。

[ 31 / 289 ページ ]« First...1020...2930313233...405060...Last »