津市大門の津観音こと『観音寺大宝院』が11月23日付で真言宗醍醐派の別格本山へと東海4県初の昇格を果たした。往時には、塔頭7ヶ寺41棟もの伽藍が境内に立ち並ぶ大寺院だったが戦災でその全てが焼失。今回の昇格は寺の500年以上にも及ぶ長い歴史と由緒だけでなく、所有する文化財、戦後の見事な復興と宗旨・宗派に対する貢献が評価されてのもの。

 

別格本山を示す石碑が新たに設置された観音寺大宝院の仁王門

別格本山を示す石碑が新たに設置された観音寺大宝院の仁王門

観音寺大宝院の別格本山への昇格は、真言宗醍醐派の総本山・醍醐寺自らの意向で決まった。通常は昇格を希望する寺側が申請を行い、各寺の代表者による宗議会などでの議論を経た上で本山が判断するという流れだが、今回は本山の意向を宗議会ではかるという逆のプロセスを取っている。別格本山への昇格は、東海4県で初。その経緯も含めると、異例の扱いといえる。
観音寺と大宝院は元々、別の寺院で、観音寺は和銅2年(709)に阿漕浦の漁夫の網に聖観音立像が引っ掛かり、これを本尊に今の津市柳山に開山したと言われている。その後、700年間ほどは、歴史を示す資料は残っておらず、永亭2年(1430)に将軍・足利義教が三重塔と恵音院を建立し、寺領を贈った記録が残っている。
一方の大宝院は元の名前を六大院といい、文安元年(1444)に伊勢国安芸郡窪田(現在の津市大里窪田町)に、公家の東坊城和長(後に正一位大納言)の幼少時の学問の師である長円法印が開山。歴代の住職は朝廷より僧正の官と上人号を授かるなど、密接な関係を構築。天文3年(1534)に、天皇の勅会で京都の東寺で開かれた空海の七百回忌法要にも、醍醐寺や仁和寺など名だたる京の名刹と共に地方寺院として唯一名を連ねていることからも、その寺格を窺い知ることができる。
その後、織田信長と伊勢国司・北畠氏の合戦で全焼したが、天正8年(1580)に、信長の弟・信包が観音寺の境内に大宝院を再興。大宝院は観音寺境内の塔頭7ヶ寺を含む12ヶ寺の本寺として、観音寺の棟梁寺院となった。豊臣秀吉や徳川歴代将軍など、時の権力者からも庇護を受け、寺領の寄進を受けている。
お蔭参りが盛んだった江戸時代には、大宝院の本尊・国府阿弥陀如来が伊勢神宮の天照大神の本地仏(同一的存在)とされたことから、多くの参拝者が訪れていた。長い間、〝日本三観音〟の一つとして広く親しまれてきたが、昭和20年(1945)の空襲によって国宝の阿弥陀堂と観音堂を含む境内の41棟が全て焼失。
昭和55年(1980)、第27世院家の岩鶴密雄さんが入山して以降、本格的な復興が図られ、仁王門、鐘楼堂、宝物庫、護摩堂、五重塔、資料館の建立・再建が実現した。また、平成3年には津観音保存会を設立し、戦災を逃れた貴重な宝物や文化財の整備に着手。現在までに、三重県有形文化財(絵画)5件8点、津市有形文化財(古文書)の指定を受けている。それに加え、数々の高僧を輩出しており、岩鶴さんも総本山・醍醐寺の顧問と宗議会副議長の要職に就いている。
これら背景から、別格本山昇格に必要な5条件=①500年以上の歴史②境内に七堂伽藍(金堂、塔、経蔵、鐘楼堂、講堂、僧坊)が揃っていること③名門たる由緒④③を裏付ける文化財⑤宗旨、宗派への貢献度=を満たすことがわかる。
岩鶴さんは「東海4県初の昇格は非常にありがたい。観音寺大宝院は昔、境内に役所や津商工会議所の前身の津商業会議所、小学校が置かれるなど、津市の政治・経済・文化・教育の発信地だった。これを機に、市民共有の財産として理解を深めて頂けたら」と語る。
津市中心市街地の顔でもある〝観音さん〟。今回の昇格は戦後からの復興が一段落し、新たな局面へと進んだ証ともいえる。宗教的な役割だけでなく、文化や観光などでも津市の中核を担う存在として、今後の更なる飛躍に期待したい。