yumetiyo2 津演劇観賞会(津市大門32─3、津東宝2階)は2月4日(木)18時半から、県総合文化センター中ホールで第328回例会として前進座の「夢千代日記」=原作=早坂暁、台本=志村智雄、演出=志村智雄・橋本英治=を公演する。
「夢千代日記」はNHKドラマ人間模様として1981年と翌年、さらに「新・夢千代日記」として1984年に放映された。
吉永小百合が、胎内被ばく者として、しかも人生の吹き溜まりのような温泉町の芸者で登場したことが、視聴者を魅了した。
このテレビシリーズを原作とし、前進座にふさわしいエピソードを取り上げて劇化したもの。
前進座による舞台版は2010年秋に東京で初演。体内被ばくという重いテーマを内在させながらも人々の明るく強く生きる姿を映し出す。三味線、踊り、唄、旅回り一座など前進座女優群ならではの芸も披露する。
入会金は大人2500円、月会費3000円、30歳までは入会金1000円、月会費2000円、小中高大学生は各1000円。問い合わせは同鑑賞会☎059・228・9523。

笑顔総選挙2016POP 創業60周年を迎えた松菱は、創業60周年記念事業プロジェクトチーム(10名)が中心となり、来店者に気持ち良く買物を楽しんでもらおうと、「笑顔の接客運動」に力を入れている。
その成果を来店者に選んでもらおうと、「笑顔の総選挙2016」が開催されている。松菱で働く全スタッフの中から、素敵な笑顔で対応した印象に残る1名を投票してもらうもの。
他店でもあまり例がない企画であることから、多くの来店者が1票を投じており、従業員も毎日の接客で普段以上に笑顔のおもてなしの対応を意識するなど、CSレベルの向上にもつながっているようだ。
投票した来店者の中から抽選で5名に松菱商品券1万円をプレゼント。1月31日までの開催。

三重大学の持つ知識を一般と共有しようと各分野の専門家を招き隔月ペースで開いている津市・津市民文化祭実行委員会主催の三重大学シリーズ、第65回文化講演会?「発見塾」が1月30日(土)13時半~15時、三重県総合博物館3階のレクチャールームで開かれる。主管=津文化協会。後援=同大学、本紙。
今回の講師は同大学大学院工学研究科の菅原洋一教授。演題は『昭和戦前の津の暮らしと住まい』。菅原教授は、「城下町から県庁所在地へと変貌を遂げていった津の町。津文化協会創立30周年記念事業の『よみがえる昭和の津のまち展』に寄せて、明治から昭和までの津の町の佇まいや暮らし、住まいを振り返り、今日に受け継がれた津の町のDNAを考えていきます」とコメント。
入場無料、事前申込み不要。直接会場へ。
問い合わせは事務局☎090・1236・1144辻本さん。

[ 5 / 8 ページ ]« First...34567...Last »