昨年11月に開催した「20周年記念オペラ公演」(お城ホール)の模様

昨年11月に開催した「20周年記念オペラ公演」(お城ホール)の模様

三重オペラ協会は3月5日(土)、三重県文化会館小ホール、ワークショップで「三重オペラ協会創立20周年記念式典・パーティ」を開く(式典13時半~15時、パーティ15時~16時半)。
同協会は1985年から「三重新音楽家協会」の「オペラ部門」として2年に一度、オペラの公演を実施したのがルーツ。1994年秋、三重県で開かれた「第9回国民文化祭・みえ94」で、津市に伝わる阿漕平治物語をもとに三重県民で企画・台本・作曲・制作された創作オペラ「贄のうたげ」を上演し、県内外から高い評価を得たのを機に、新音楽家協会オペラ部門、県内オペラ・音楽関係者、演奏会員、一般支持会員が協力して1995年4月に「三重オペラ協会」を設立。
以降、オペラ公演、ガラコンサート、ニューイヤーコンサートのほか、講演会や演奏会員研修会など活動を広げてきた。
また、三重県文化会館の音楽発信事業に協力し、1999年2月に「蝶々夫人」、05年3月に「フィガロの結婚」、15年3月には「魔笛」などのオペラ公演を成功させるなど、全国のオペラ団体が財政難などで活動を縮小または停止していく中で、試行錯誤を繰り返しながら20年間活動を続けてきた。
現在、三重オペラ協会は、演奏会員と一般会員合わせて130名で構成。県内各地でコンサートを開くほか、若い音楽家・声楽家の育成にも力を入れている。
今回の記念式典・パーティは20周年記念事業の総まとめと新たな旅立ちの節目として開くもので、同協会芸術監督の星出豊氏をはじめ、日頃から同協会に協力する三重フィルハーモニー交響楽団、合唱団「うたおに」のほか、演奏会員による演奏もある。式典後は隣りの会場へ移動し、立食パーティを楽しむ。
記念式典・パーティへの参加には活動応援金として1口5000円以上の協賛が必要。申し込みは所定の申し込み用紙に必要事項を記入してFAX059・225・8881へ送信するか、郵送(〒514─0811、津市阿漕町津興2433─1、小柴信之)。確認後に参加券を郵送する。協賛金は当日受付で支払いする。問い合わせは事務局の小柴さん☎059・225・8881、メールはhi548kun@gmail.com

第5回MAE展のチラシ

第5回MAE展のチラシ

26日~28日9時30分~16時30分(最終日のみ15時終了)、県総文ギャラリーA/Bで、同コースの在校生・卒業生ら関係者が参加する展覧会『第5回 MAE展 MIE ART EDUCATION EXHIBITION』が催される。
毎年、同コース2年生が主体となって企画・運営しているもの。学生の企画力・運営力を養うことや、同大の美術教育がどのように行われているかを多くの人に広めること、在校生・卒業生・教員の繋がりを強めることが目的。
出品者全員によるインスタレーション作品や、動物を象った彫刻などが展示される。
同コース2年生の古川実沙季さんは、「今までは作品をつくるだけだったんですが、今回初めて展覧会に出品することで、美術をやっていく中で展覧会が大事ということを再認識しました。第5回目なので、これまで培われてきたものを崩したくない。一方、これまでにないことも入れていきたいです」と話している。

冷え性の人はつい厚着をしたり、靴下を重ね履きしたりします。別にそのことを悪いと言うわけではありませんが、沢山着込んでも冷え性は治りません。内部の熱を外に逃がさない効果はあるでしょうが、それ以上に温まることはないのです。
身体を温めて冷え性を治すには、内部を温かくするものを入れてやらなければいけません。カイロや電気毛布などをいくら沢山使っても、外側からでは限界があります。
例えば、しっかり運動する、生姜湯を飲む、温かい鍋を食べるとか、漢方薬で内部から温めるといった根本的な解決方法が必要でしょう。
冷え性は、たいがい長年かけてそのような体質になっていますから、1年以上かけないと変わってきません。中には、親子代々、冷え性の家系で子供の頃から数十年の冷え性と言う人もいます。食生活や生活習慣、住んでいる土地や家が影響している場合もあります。
そのため、色んなことを考慮しながら、ご指導するのも大切ですね。周りの環境の影響があると一旦治ってもまた元に戻ってしまう可能性があります。
患者さんに良くお聞きするのは日頃の就寝時間です。つい夜中になってしまう日が多いとどうしても身体は冷えやすくなるでしょう。何でもないようなことが実はとても重要な場合があります。
ケンコウ薬局 ☎059-224-1389

[ 6 / 7 ページ ]« First...34567