メンバー達がコツコツと制作した吊るし雛と、瀬戸口さん

メンバー達がコツコツと制作した吊るし雛と、瀬戸口さん

津市安東町の古民家コミュニティー「ゆずり葉」で、3月6日までの10時~17時、主に津市の稲葉公民館の講座で、吊るし雛などを制作している「布遊び趣味の会」の作品展が開かれている(月・金曜を除く)。
出品作品は、同会の代表者・瀬戸口宥子さんをはじめ9名が作った吊るし雛や狐の嫁入り人形、ミニ着物など。着物などを生かして地道に制作された力作が揃い、訪れる人達の目を楽しませている。
瀬戸口さんは「作品が沢山出来上がったときの喜びがやりがいです。この展示では、3年程かけて作った吊るし雛などの集大成を、皆さんに見て頂きたいです」と話している。
なお、ゆずり葉では3月6日まで、「新町地区南睦会女性部有志」による展示「おさるこの春・夏・秋・冬」も行われている。
ゆずり葉☎059・227・3523。