2016年2月

ご相談を受けていると時々、マイナス思考が染みついている方がみえます。このような人はいつも自信がなく、何事に対しても良くないことばかり考えるので、自分の運気も下げてしまいます。
原因の一つは精神的なパワー不足だと私は考えています。例えば脳内物質のセロトニンが不足すると、やる気が無い、鬱状態になったりします。
セロトニンの材料となる栄養素「トリプトファン」「ビタミンB6」のうち、トリプトファンを特に多く含む食品は鰹、高野豆腐、湯葉、大豆、黄粉など。ビタミンB6は、唐辛子、にんにく、バジル、パセリ、ピスタチオなどに多く含まれています。
また朝起きた後に朝日を浴びる、腹式呼吸、感情表現を豊かにする、家族、友達、恋人、動物などと触れ合うと、セロトニンの分泌が活発になるそうです。
このほか、「アミノレブリン酸を飲んでいると頭が冴え、記憶力が向上した」「長く続けていると性格が明るくなった、イライラしなくなった、前向きになった、よく笑う」などの体験談が集まっています。
おそらくアミノレブリン酸によりミトコンドリアが活性化されて代謝が良くなり、セロトニンを沢山作るようになったためでしょう。

ケンコウ薬局 ☎059‐ 224-1389

島田昌葉「秋花」20号

島田昌葉「秋花」20号

島田亜弥葉「躑躅と上弦の月」

島田亜弥葉「躑躅と上弦の月」

島田智葉「白い妖精」

島田智葉「白い妖精」

(公社)日本南画院同人で水墨画講師の島田昌葉さん(津市在住)と、智葉さん、亜弥葉さんによる「島田昌葉 親子三代水墨画展」が3月3日(木)~3月14日(月)、三重県三重郡菰野町の「パラミタミュージアム」1階の小ギャラリーで開かれる。入場無料。会期中無休。
島田昌葉さんは1935年津市生まれ。85年に故・中川晴象氏に師事。89年に日本南画院展初入選(以降連続27回)。99年・津市中日文化センター講師。00年・津日本画会理事。
また03年には「水墨画・墨彩画」、06年に「墨彩花」を出版している。
これまでに個展8回、グループ展多数開催。現在、華昌会主宰。津市と名張で水墨画講師。
島田智葉さんは華昌会会員。島田亜弥葉さんも華昌会会員で、日本南画院展で入選している。
昌葉さんは「水墨画入門以来30年、初めての親子3人展を開催させていただきます。まだまだ未熟ではございますが、これからの励みになればと願い展示させて頂きました。 ご来場賜りますよう宜しくお願い申し上げます」と話す。
尚、パラミタミュージアムで開催中の企画展には入館料が必要となる。同ミュージアム☎059・391・1088。

津市白山町・美杉町などで活動しているジャズビックバンド『Jazz Band HAKUSAN』のバンドマスター・伊東達也さん(28、富山県出身)と、コンサートミストレス・美佳さん(29、白山町出身)夫婦を紹介。同バンドは名松線を盛り上げようと、同線関連の様々なイベントに出演している。

伊東達也さん(右)と美佳さん夫婦

伊東達也さん(右)と美佳さん夫婦

演奏で名松線を応援する「Jazz Band HAKUSAN」(2014年に開催された「伊勢本街道奥津宿の陣」で)

演奏で名松線を応援する「Jazz Band HAKUSAN」(2014年に開催された「伊勢本街道奥津宿の陣」で)

──同バンドを設立した経緯や、名松線を盛り上げるための演奏活動について教えて下さい。
達也さん 私達は2人とも大学生の時、ジャズバンドの活動を通じ名古屋で知り合い、2011年に結婚。その後、妻の地元・白山町に戻り、14年3月に2人でバンドを立ち上げました。現在のメンバーは小学4年生~60代の57人です。
美佳さん 私は昔、よく、祖母と名松線に乗り、美杉の親戚に会いに行っていました。大学在学中に、名松線が台風の被害を受け、一部区間で鉄道の復旧が危ぶまれていると聞き、ずっと「将来、白山町に帰ったら名松線のために音楽で何かしたい」と思っていたんです。
バンド結成後、市民活動団体「名松線を元気にする会」のことを知り、何か協力できればと入会。バンドにとって初の演奏を、14年9月に同団体が催した「鉄道まつりin美杉」で行いました。
──演奏活動の感想はいかがですか?
達也さん 美杉は優しい人が多いんですよね。僕は富山県の賑やかな街の出身で、田舎に住んだのは白山が初めてなんですが、白山も居心地が良くて楽しいですし、美杉はまた別世界というか、そこで演奏すると開放感があります。
美佳さん バンド立ち上げの時に売りの一つだったんですが、「田舎なのに、ジャズがある」というのはギャップがあって面白いかなと。実際、観客へのアンケートでも「生演奏を聴く機会がなかったから嬉しい」などの回答が多いんです。白山・美杉地域は年配の方、つまりジャズが流行した時代に聴いていた世代の方が多いので、そういう方々に喜んでもらえるのが嬉しいです。
──今後の抱負を聞かせて下さい。
美佳さん 同団体の運営会員は鉄道ファンの方が多いんですが、私達は音楽という別のアプローチをするので、それを良いように活用してもらい、今まで鉄道に興味がなかった人にも名松線を知ってもらう材料になれば。鉄道ファンも大事ですが、それ以外の人にも新規に名松線のファンになってもらいたいです。
達也さん そのために、名松線関連のイベントがあるごとに演奏で盛り上げることができたらと思います。3月26日に同線の伊勢奥津駅周辺で行われる全線復旧記念イベントにも出演するので、現在、「銀河鉄道999」を皆で練習中です。

[ 3 / 28 ページ ]12345...1020...Last »