津城の模型を見て、講演を聴いて、理解しよう!
ときめき高虎会は、6月25日(土)13時半~15時、センターパレス地下1階会議室Aで、講演会「江戸時代の津城と『作事覚』」を開く。
講師は三重大学歴史研究会会員で、「城郭論─津城─」の著者・松島悠氏。
第1部・13時半~14時半…津城の沿革と構成、指図資料「御城内御建物作事覚四」の解説と、そこから分かる城のつくり。
第2部・14時半~15時…「津城の模型と雛形」をともに語り合う。
申し込み不要。先着40名。入場料は同会会員は無料。一般は300円
問い合わせは代表世話人の小林貴虎さん。☎090・1751・5460。