狭域通信制の私立高校『一志学園高校』(運営=学校法人玉村学園)は、一昨年閉校した津市立大井小学校=一志町大仰=の校舎3階に、今春開校。以前不登校や中退を経験し、学校生活へ再チャレンジする生徒を、「人の中で人を育てる」という教育姿勢や、個々に応じたカリキュラムで支援している。また今後、同校舎で活動する「NPO法人大井町づくり委員会」など、地域の団体・住民との交流も目指している。

 

 

玉村典久校長(一志学園高校の教室で)

玉村典久校長(一志学園高校の教室で)

旧大井小学校に開校した「一志学園高校」

旧大井小学校に開校した「一志学園高校」

『一志学園高校』=玉村典久理事・校長(58)=の前身は、NPO法人が運営してきた松阪市嬉野町のフリースクール「チャレンジスクール三重」。
玉村さんは、県立高校の教員時代、生徒指導に携わるなかで、既存の教育システムでは不登校生や中退者が高校生活に再挑戦できる場が十分ではないと感じたのを機に平成17年、同スクールを設立。以来、生徒の意思を尊重しながら学習・生活・進路をきめ細かくサポートし進学・就職など進路先へ送り出してきた。
そして市から旧大井小学校の校舎3階を借り今年4月開校し、同スクールで蓄積したノウハウを生かし運営しているのが「一志学園高校」。定員120名、生徒数は8月現在で62名。
同校でも、「以前学校になじめなかったが、再挑戦して頑張って勉強したり友達を作りたい」「進路についてもきちんと考えたい」という子供達を受け入れ、「人の中で人を育てる」という姿勢と、個々に応じた教育課程で支援している。
具体的には、通学は週5日が原則。多くの通信制高校は必要な登校日数が月に数回程度と少なく、きめ細かい指導が難しくなりがちで、生徒同士が関わる機会も少ない。一方、同校は生徒に同世代との集団生活を経験してもらうためにも、できるだけ登校回数を増やすよう促している。
ただし生徒の希望によっては通学日数についても、週1日土曜日に通うコースなどで柔軟に対応する。
また5種の履修モデル(①小学校のまなび直しから②中学校のまなび直しから③高校標準④文系大学進学⑤理系大学進学)を用意しているほか、各種検定に向けた授業も。生徒は「一志学園では、将来に役立つワープロ検定や漢字検定などの資格を取ることができます。友達と教え合うことで、コミュニケーション力もつきます」と話している。
さらに地元の夏祭りやボランティア活動に希望する生徒が参加し、幅広い世代の住民と関わり始めている。今後、校舎の主に1階で活動する「NPO法人大井町づくり委員会」=奥田吉信理事長=をはじめ、地域の団体・住民との交流に積極的に取り組む考え。
玉村さんは、「目標の一つ、高校設立は実現できましたが、まだまだ色々な子供達には対応できていないので今後、受け皿の一つとして一層充実させていきたい。地域との交流は、一方的に学校に協力してもらうのではなく、“協働”の形でできれば」、同委員会の理事・中川諭さんは「生徒さんに地域の運動会、新春元気交歓会などの行事にも参加してもらい、生徒さんと住民、お互いの理解を進めていきたい」と話した。
同校と地元の盛んな交流による教育の発展や、地域活性化にも期待したい。
なお同校は、28年度途中の転入学生を募集中。また29年度も新入生を受け入れる。学校見学も受付中。
問い合わせ☎059・271・6700へ。

尾ケ井専務理事から笽島教授(左)へ寄付金贈呈

尾ケ井専務理事から笽島教授(左)へ寄付金贈呈

主に企業・住民などの健康診断、人間ドック等を事業の柱とする総合健康管理サービス事業を展開する一般財団法人近畿健康管理センター(以下、KKC)=本社・滋賀県大津市=が8日、三重大学を訪れ、5万円を寄付した。
同センターは2014年11月に津市あのつ台の中勢北部サイエンスシティに、〝最高の医療精度と心からのおもてなし〟をコンセプトに「KKC健康スクエアウエルネス三重健診クリニック」をオープン。人間ドックやがん検診、各種健康診断のほか最新のMRI装置を導入し、脳ドック・認知症検査等の各種検査などを通じて日々、地域や企業で働く人を対象に、早期発見・早期予防など予防医学を目的とした健康診断事業を進めている。
今回の寄付は、事業の標準化、効率化等の活動によって捻出できた節減費用の一部を、各地で医学・医療に係る教育・研究や予防医療に対する支援、環境保全(緑化推進・低炭素)等を推進する団体に寄付する「KKCソーシャルプラン」(15年4月から16年3月)活動の一環。この取り組みは08年度から「KKC環境コミュニティプラン」としてスタートし、14年度には活動コンセプトを改めて「KKCソーシャルプラン」として実施。寄付実行は今回で8回目。当日は同センターの尾ケ井正幸・専務理事と内山利浩・三重事業部事業部長が同大学大学院医学系研究科の笽島茂教授に寄付金を贈った。

江戸幕府により脇街道として整備された伊勢街道、ちょっと寄り道しながら津の町を歩いてみませんか? 津市内14のガイド団体が加盟する「津市観光ガイド・ボランティアネットワーク協議会」が、『あなたの知らない街道めぐり わきみちよりみち 伊勢街道』を10月~12月に全3回開催する。河芸町~高茶屋までの同街道を、ガイドの案内のもと歩いて巡るもの。
後援=(一社)津市観光協会。
第1回は10月23日(日)、河芸町~白塚町で実施される。
▼集合場所=河芸町東千里のマリーナ河芸(近鉄千里駅下車徒歩約8分。ガイドが駅から案内)。
▼受付=9時~9時半。 ▼コース=マリーナ河芸~伊勢街道(尾前神社…甕釜冠地蔵堂…丹羽君碑…上野宿…小伝塚…豊野上野駅前…一色・八雲神社…中条製菓舗…北向地蔵…痔神大明神)~近鉄白塚駅。
約8㎞。
▼参加費=500円(資料・保険代・土産付き)。
▼申込方法=往復葉書で〒514‐0009 津市羽所町700 アスト津、津市観光協会内 津観光ガイドネット「あなたの知らない街道めぐり」係へ。
往信用の裏面に、参加者の住所・氏名・連絡先電話番号・開催日(10月23日)を記入。
返信用の宛名には、代表者の住所・氏名を記入。返信用の裏面は空白にする。
1枚の葉書で3名まで申し込み可能。
▼締め切り=10月9日必着。
▼定員100名。申し込み者数が定員を超えた場合は抽選となる。
▼問い合わせは津市観光協会内の津観光ガイドネット☎059・246・9020へ。

[ 1 / 6 ページ ]12345...Last »