津の観光パンフレットの点字版

津の観光パンフレットの点字版

セントヨゼフ女子学園の保護者による「セントヨゼフ父母の会 点訳部」=部員12名=と、津市中央公民館で活動するサークル「点字絵本」=会員9名=の合同による『点字絵本サークル』が、津市観光協会発行の津中部・東部・南部のパンフレットの点字版を制作した。
点字版は、パンフのマップに、点字を打った透明シートや、道路・近鉄・JRのラインを示す接着テープ・リリアン・段ボールを貼ったものと、パンフに掲載されている名所の一部の紹介文が打たれた点字用紙のセット。
各エリア3セットずつ作られ、現在、津市観光協会、津図書館、三重県視覚障害者支援センターに置かれている。
点字絵本サークルは今年で設立21年目。これまでに全国の盲学校や図書館などへ、多数の点訳本や点字絵本を寄贈してきた。
約3年前には視覚障害を持つ人から自分の生活圏の地図の点字版がほしいと頼まれて、作ったそう。今回のパンフ点字版は、そのときの制作者から方法を聞くなどして、6月頃から3カ月かけて作られた。接着テープなどの材料を考えるのに苦労し、1ケ月程かかったそう。
サークルの指導者・代表である馬場幸子さんは「興味を持った場所に、自分一人や友人の方々と出かける機会をつくってほしい、と思い作りました。津にこんな良い所があることも知って頂きたいです。
点字版を利用されてご意見がありましたら、私へご連絡ください」と話している。馬場さん☎059・261・1464。

10月23日(日)9時~15時、美杉町で津市森林セラピー基地運営協議会ウオークイベントが開かれる。
▼コース…名松線伊勢奥津駅から歴史情緒溢れる伊勢本街道を通り、日本さくら名所100選の三多気の桜が参道にある真福院まで。約5㎞。
▼集合場所…伊勢奥津駅(名松線は8時59分着)。
▼行程…9時=集合・受付、9時15分=出発・沿道の歴史を聞きながらウオーク、11時15分=真福院到着・休憩、12時=昼食、13時=セラピー体験(予定)、13時半=真福院出発、14時半=同駅到着、15時=解散(名松線は15時08発)。
▼参加費…2千円(保険・昼食含む)。
▼持ち物…飲み物、おやつ、敷物、軽登山靴、長袖の服装。
▼参加申込方法…電話で住所・氏名・電話番号を伝える。申込先…同協議会事務局(津市美杉総合支所地域振興課内)☎津272・8082、FAX津272・1119。
▼募集人数…先着50名。
▼参加募集期間…9月20日~10月14日。受付時間は期間中の8時半~17時(土日も受付可能)。  10月23日(日)9時~15時、美杉町で津市森林セラピー基地運営協議会ウオークイベントが開かれる。
▼コース…名松線伊勢奥津駅から歴史情緒溢れる伊勢本街道を通り、日本さくら名所100選の三多気の桜が参道にある真福院まで。約5㎞。
▼集合場所…伊勢奥津駅(名松線は8時59分着)。
▼行程…9時=集合・受付、9時15分=出発・沿道の歴史を聞きながらウオーク、11時15分=真福院到着・休憩、12時=昼食、13時=セラピー体験(予定)、13時半=真福院出発、14時半=同駅到着、15時=解散(名松線は15時08発)。
▼参加費…2千円(保険・昼食含む)。
▼持ち物…飲み物、おやつ、敷物、軽登山靴、長袖の服装。
▼参加申込方法…電話で住所・氏名・電話番号を伝える。申込先…同協議会事務局(津市美杉総合支所地域振興課内)☎津272・8082、FAX津272・1119。
▼募集人数…先着50名。
▼参加募集期間…9月20日~10月14日。受付時間は期間中の8時半~17時(土日も受付可能)。

津市美杉町太郎生の山下木材前にあるフジバカマ畑で10月8日~16日、長距離を移動し「旅する蝶」と呼ばれる蝶『アサギマダラ』の観賞週間が実施される。 蝶の乱舞は天気の良い日の9時~15時に観賞できるという。期間中は会場で匂い袋・草餅・農産物などを販売。主催は太郎生道里夢☎津273・0002。
なお会場近くには、農家レストランを併設した観光案内・交流処「ようこそ」や、太郎生地域づくり協議会の拠点で農家民宿の「たろっと三国屋」がある。

[ 2 / 4 ページ ]1234