お玉でピンポン玉を運ぶゲームを楽しむ子供たち
(緑色の服が聾学校の児童、紺色が倭小学校の児童)