講演する深谷氏

講演する深谷氏

深谷氏は茶人として著名な小堀遠州が徳川幕府の畿内の官僚として活躍した生涯を解説と共に紹介した。要旨は以下。
遠州の父・正次と高虎公は共に近江国出身で共に豊臣秀長に仕え、高虎公は主に軍事で活躍する一方、正次は大和・紀伊・和泉の三国にまたがる広大な領地の検地を実施。官僚としての能力を磨き、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い後、大坂方の勢力が強い備中の国奉行に就任。徳川の畿内支配に貢献した。
慶長9年(1604)に正次が死亡し、高虎公の娘婿である遠州が家督と国奉行を継いだ。遠州は作事奉行として後陽成院御所・駿府城や名古屋城などを手掛け、大坂両陣後の上方郡代として畿内の広域支配を行った。その後、大御所・徳川秀忠と御所・徳川家光の両御所の上洛時の統括などを実施。家光の親政期には畿内以西の政治と軍事を司る上方八人衆に抜擢。将軍や幕閣に触れ合う機会が増え、人脈が更に広がった。大飢饉が起こった際には飢餓対策奉行として活躍。晩年は伏見奉行として奉行屋敷の茶室で茶の湯三昧の生活を送った。
これら官僚として活躍する合間に、生涯400回以上の茶会を開催。将軍の側近・幕閣・大名・公家・大寺社僧・文化人・医師・職人など、のべ1500人近くを客として招き、政策の実現に役立てた。高虎公はその茶会によって築かれた全国にまたがる人脈を幕府運営に活用。幕府が260年も安定した政権運営を行える基盤となった。