「笑いは、最も安く、最も効き目のある特効薬である。笑いは世界共通の薬なのだ。」バートランド・ラッセル。
またユーモアの持つ効用について丸山孝男著の「英語ジョークの教科書」から引く。「日本とは違い、英語を母国語とする人たちは、ユーモアの精神を最も高く評価する。すぐれたユーモアの精神をもっている人、そのユーモアを理解する人を最も高く評価する。彼らにとって、ユーモアとは複雑きわまるこの人間社会を冷静で、かつ客観的な視点で見つめ、それを滑稽さ、おかしさをもって表現しようとする行為なのだ」
ジョークには様々な機能、効能がある。最大の働きはコミュニケーションの
潤滑油になることだろう。 ただ国によって、言語、歴史、文化、習慣、諺、時事や政治的な事柄、同音異義語、語呂合わせなどが深く関与するのでなかなか手ごわい相手でもある。

イギリスに留学して通っていたカレッジで「クラス代表を今日は決めます」と担任の先生が言う。「さあ皆さん、誰が一番の適任者かよく分かっているでしょうね」といいながら、私に目線を送ってくるではないか。選挙でもするのかなと思っていたら、「ミスタークモイがいいと思うが、皆さんはどうですか」とクラスの皆に問いかけた。すると拍手が沸いた。
先生は「では、決まりました」一瞬の出来事だった。クラスはフランス、スイス、イラン、ポーランド等、ロンドンは国際都市だけに、世界中からの留学生で構成されていた。その個性豊かな学生の「代表」に私が選ばれた。
私は授業での議論が好きだった。それに「ジョーカー」と呼ばれるほどいつもこっけいなことを頻繁に言ってはクラスの皆を笑わせていた。
例えば、ある日の授業で先生が「韻を踏んで文章を作りなさい」と学生に求めた。私は「あなたは、custard(カスタード)、 mustard(からし)、bastard(卑語、私生児、嫌われ者、注、あまり上品な言葉でない。相手を罵るときに特に男性が多用する)のうちどれか」と即座に答えをだした。これにクラス全体が爆笑に包まれた。stardで語呂合わせをしているのだ。カタカナ語に「ムード・メーカー」というのがありますが、私はクラスのそれだったように思う。このユーモアのセンスが欧米では極めて重要な資質なのです。

ある日、イギリス人の友人と散歩をしていた時に、ガラの悪そうな若者が絡んできた。それで私は「お前さん、Scotland Yard(ロンドン警視庁)、とGraveyard(墓場)のどちらに行きたいのか」と聞いてみた。友人は大笑いしている。若者はキョトンとしている。yard で語呂合わせをしたことに気がついていない。もう勝負はついている。

またある日、私は「バッキンガム宮殿」の見学に訪れた。衛兵が右手に銃を持ちその銃を地面につけて不動の姿勢で立っている。その衛兵に近づき「あなたは勤務中に人と話をしてもいいのですか」と質問をした。すると衛兵は「いいえ、話をしてはいけないことになっています」と返答した。私はにんまりとした。たった今、あなたは私と話をしたではありませんか。

イギリスの名物といえば「フィッシュ アンド チップス」だ。住んでいたフラット(ワンルーム、アパートの意)の近くに行きつけの店があった。ある日「フィッシュ・アンド・チップスをひとつ下さい」と注文したら、揚げ立てのジャガイモのチップ(イギリスではフライド・ポテト、フレンチ・フライをチップといいます)を一本指で掴み「はいどうぞ」と私に渡した。一本取られてしまった。
(次号に続く)