「税に関する標語」の受上彰者のみなさんと川喜田か津間税会会長(左)と川村・津税務署長

「税に関する標語」の受上彰者のみなさんと川喜田か津間税会会長(左)と川村・津税務署長

11月11日から17日まで行われた平成28年度「税を考える週間」に合わせて、国税庁をはじめ間税会など税務協力団体が主催して津税務署管内の小中学生から募集した税に関する標語の中から選考した優秀作品受彰者への表彰状授与式が13日、アストホールで開かれた。
税に関する標語の受賞者は次の通り(敬称略)
◆小学生の税の標語(応募数600点)
▼全国間税会総連合会入選「消費税 みんなの身近 役立つよ」…片田小6年・上田萌愛
▼三重県間税会連合会会長賞「みんなの夢に エールをおくろう 税金で」…片田小6年・川口耀楽
▼津間税会会長賞「税金は 日本の未来 左右する」…草生小6年・川本里奈
▼優秀賞「国民の くらしの種は 税にあり」…倭小6年・大倉亮介
▼優秀賞「税金を 正しく納め 正しく使う 正しい未来」…西が丘小6年・小関涼仁
▼団体特別賞…津市立栗真小学校6年
◆中学生の税の標語(1600点)
▼全国間税会総連合会入選「君の税 絶対どこかで 役に立つ」…一身田中3年・河合多恵香
▼東海間税会連合会会長賞「税による 日々の暮らしの ありがたみ」…一身田中3年・山田青沙  ▼津間税会会長賞「生きている 私の日々に その税が」…一身田中3年・水谷元
▼津税務署長賞「消費税 世代をこえて 助け合い」…橋北中1年・田中翔太
▼優秀賞「税金は みんなのために 一人のために」…橋北中1年・小谷拓矢
▼優秀賞「消費税 あたりまえを ささえてる」…橋北中1年・稲垣菜穂(当日欠席)

◆第13回白雅会展 11月23日(祝)~27日(日)10時~17時(23日は13時から、27日は15時まで)、センパレ地下市民オープンステージで。水彩画約60点。山村さん☎津237・2247。 ◆松本修一写真展 11月17日(木)~20日(日)10時~16時半(最終日は15時半)、県立美術館。松本さん☎059・386・2488。
◆第7回ワァーイY袋物展 11月16日(水)~20日(日)10時~17時(20日は16時)、岩田川久画廊で。松野さん☎059・392・2880。
◆フリーマーケット 11月20日(日)10時~15時、美杉町上多気のウッディクラフトFORESTで。田中さん☎059・261・1897。

歌を披露する出演者

歌を披露する出演者

6日、津リージョンプラザお城ホールでカラオケ「優の会」主催の『懐メロ・歌つづり~子へ孫へ 歌い継ぎたい年代の名曲』が開かれた。後援=本紙ほか。
優の会の前身は昭和の名曲を歌い継ぐことをテーマにしていた懐メロ専門カラオケグループ「懐メロ愛唱会」。同会の解散後、復活を熱望する声が多かったため、優の会を設立し、毎年イベントを開いている。
冒頭、代表の田中優さんが「前身から合わせると12年もの長きに渡ってお付き合い頂いて大変うれしく思っている」と挨拶した。
今回は県内ののど自慢132名が出演。昭和50年代までの名曲を10年区切りの年代別やテーマ別に分け次々と披露した。また、賛助出演の深山流豊竜会の艶やかな踊りもステージに華を添えていた。
締めは田中さんが春日八郎の「赤いランプの終列車」を見事に歌い上げていた。

[ 3 / 6 ページ ]12345...Last »