ゆとり教育についてです。今さら何だと思われる方もいらっしゃるかも知れません。けれど、年齢的には、現在、だいたい十四歳から三十歳になる人たちが、その政策に基づいて学校で学びました。社会人としては既に十年ほどの経験者になっています。一方では、この春に中学三年になる生徒たちは、まだ、ゆとり教育の世代ということになります。ということは、ゆとり教育による影響は、まだまだこれからも続くということです。
ゆとり教育で学校で学んだ子どもたちや保護者を苦しめているのは、「学力低下」というレッテルを貼られて、その「埋め合わせ」を高校受験や大学受験、就職試験のために、あたかもそれが「親切」でもあるかのように、押し付けられるということです。
この数年の中学生や高校生の購入させられるワークブックや参考書などの教材の量は、見ただけでことばを失うほどの量です。身近にそういう生徒がいない方は想像してみてください。一つの教科だけで、小学生のランドセルがいっぱいになるぐらいあるのです。それを購入させられる保護者の経済的な負担、それをこなそうとする教師のストレス、何より、それを課題として毎日させられる子どもたちの人間性を破壊してしまう危険の高い苦役。
そこへ、「学力の補てん」としての学習塾が、金銭と時間と労力を必要とします。過去の話をしているのではありません。今の中学生や高校生とその保護者が、そのような「現実」を受けているのです。大学生やその保護者ですら、大学の学費以外に、大学が契約する就職に関する勉強会に参加させられ、金銭と時間を費やしています。
私が大学教員だった時、外部の講師が来て、教育心理や教育制度などを学生に教える半ば強制的な学習会があり、学生にまぎれて受けてみたことがあります。
教員採用試験の準備のための学習会では、要領よく簡潔に要点をまとめて、過不足なく講師が学生たちに教えていたので、これは役に立つ、と素直に思いました。ただし、同じような名前の授業が大学のカリキュラムにもあって、その専門の先生もちゃんといますし、その単位を取らなければ卒業できません。
大学が就職予備校になるのなら、その学習会の講師のような人を教員にして授業をすれば、学生は経済的にも時間的にももっと有意義な使い方ができるはずです。教育学士という専門家を養成するのが大学の目的であるならば、その学びの成果の一つが採用試験の対策になるのは、当然のことと思われます。
私立の大学では、かなり以前からそのような外部委託と大学教員による補習を充実させて、教員採用試験の合格者を多く出しているところがあります。その合格者の数に圧倒されて公立大学系でもそのような「対策」をするのも定着してきてしまいました。
もうお気づきの方もいらっしゃるかも知れません。ゆとり教育は、そのものが「失敗」なのではなく、そこに新しい教育成果を見る目が定着する前に、旧来の知識と技能を中心とした「学力」を持ち込んで「判定基準」にし、保護者や子どもたちを不安に追い込んだ人たちによって、見事に「食い物」にされたのです。責任は政策にもありました。ゆとり教育で社会人を育てるまでの一貫性を、制度上で保証しませんでした。
戦後の教育でもっとも悲惨な事態がこうして作られました。大変まずいことは、ゆとり教育の子どもたちや、それにかかわった教師や教育委員会の役人、教育学者などが、ゆとり教育を否定する側の「学力」での「勝ち組」となって、今の学校教育を進めているという事実です。旧来型の「学力」の低下を自己責任と思い込まされて、それを懸命に補った人たちが、新人や中堅やベテランの教師となって子どもたちの前に立っています。
だから学校や塾でやっていることが、自分たちがしてきたことと同じ、一つの教科だけでランドセルがいっぱいなるぐらいの、問題集や参考書の押し付けなのです。
そこへ、今度は制度からの抜本的な教育改革が始まりました。学校現場や教育委員会、学習塾や学習教材会社などから、改革を「骨抜き」にしようという抵抗が起こるのも無理はありません。そんな改革をされたら、自分たちの明日がなくなるからです。しかし、その方法で教育を「食い物」にしてきた人たちの明日よりも大切なものは他にあります。
このように書けば、聡明な方はお気づきいただけたと思います。この春に中学校を卒業する子どもたちは、ゆとり教育のおかげで、始まった教育改革で活躍できる力を持っているのです。多量のワークブックで苦しめられた中学時代が間違いで、のびのびとしていた小学校時代が正しかった、と意識転換をし、自分のやりたいことをとことん追究する。大学進学や就職を考えるなら、科学、芸術、スポーツなどで、客観的評価を受けるまで成果を出す。また、たくさん本を読んで自分の感性と思考力を磨き教養を身に着ける。
そのための、ゆとり、を持てる進路を選択する。そうやって、日本の未来のために自分の教育を創造できる時代になったのです。

(伊東教育研究所)