参拝者の肩に「理趣分経」を充てる倉島住職